So-net無料ブログ作成

#3929 VENONA文書と北方領土:四島一括返還の戦略 Feb. 13, 2019 [21. 北方領土]

 VENONA(ヴェノナ)文書の存在を最近知った。FBIが盗聴した暗号解読の公文書が50年たって公開された。その内容は大東亜戦争と東京裁判の見直しを迫る驚くべきものである。

 ルーズベルト大統領の側近に何人もソ連のスパイがいて、日米開戦を画策していたという。ハルノートの原案もソ連スパイ(ハリー・デクスター・ホワイト 財務次官補)の手になるものだった。中国も南京虐殺をでっち上げ反日キャンペーンを米国で繰り広げ、米国世論を反日へ誘導したことが、これらの公文書公開でようやくわかるようになってきた。誰がどこからの指示でどういう機関や組織を作り何をしていたのかが明らかになっている。
 ルーズベルトの前任者のフーバー大統領は、ソ連の拡大をとめるために、日本と協力すべきだと主張していた。当時の米国の保守主義勢力は、共産主義の拡大を防ぐために日米の協力を模索していたのである。

 ルーズベルトは1929年の大恐慌のあと景気低迷と失業者があふれた状況を何とかするために、政府内部に何人もいたソ連スパイの提案を採用して日米開戦の準備をしていた。1941年11月26日に日米交渉で示された「ハルノート」は日本を戦争に踏み切らせるための踏み絵だった。1941年の開戦で米国は1200万人の失業者が職を得、空前の好景気に沸いたのである。見事なものだ。ソ連と中国共産党は戦略という投網を打っておいて、時節の到来をじっと待つ。
*https://ja.wikipedia.org/wiki/ハル・ノート

 ソ連はマンハッタン計画もスパイから情報を入手して、広島に原爆が落とされる日まで知っていた。原爆投下に合わせて開戦すべく、その半年も前からヨーロッパ戦線から軍隊を引き揚げて、10万人も樺太へ集結させていた。そして広島に原爆が落とされた3日後の8月9日に北方領土と樺太そして満州に一斉に攻め込んだのである。ソ連は20年もかけて領土拡張の戦略を練り、米国や日本にスパイを送り込み実行し、まんまとやり遂げた。
 ルーズベルトはスターリンや毛沢東と組んだ、ヤルタ協定は元大統領のブッシュも恥ずべき政策だったと誤りを認めている。米国の保守主義は日本の核武装を歓迎するだろう。米国議会はヤルタ協定はルーズベルト個人が結んだもので、米国政府が正式に認めたものではないとまで決議している。だから、日本は北方領土と南樺太の領有権に関して米国議会と協力できるのである。

 ルーズベルトは第2次大戦で国境を変更しないと明言していたが、ヤルタ協定でスターリンと取引した。東欧や満州をソ連にくれてやる約束をしたのである。旧満州はソ連と中国の切り取り放題を認めた。ポーランドとバルト海三国、ラトビア、リトアニア、エストニアはこうして戦後ソ連に組み込まれた。中国は1951年にチベットへ軍隊を送り併合した。チベットはいまでは中華人民共和国の一部になってしまった。かつての大帝国モンゴルも中国の属国化が進む。元横綱朝青龍がモンゴルに急激に漢人が増えて困ると悲鳴を上げている。チベットの向こう側のウィグル自治区にも中国はたくさんの強制収容所をつくりウィグル人の人権を蹂躙している。これらの発端がヤルタ協定であり、ソ連と中国共産党の戦略の結果である。チベットを併合しただけでは気がすまず、中国はその版図を広げようと「一衣帯水」と称して現代のシルクロードをつくりあげ、モンゴルやその向こうのウィグルにも触手を伸ばしている。あくなき領土拡張の欲望が中国共産党を動かしている。米国の保守主義者はほぞをかんでいるだろう。戦略での負けは取り返しがつかぬ。

 明確な戦略をもって20~30年の歳月をかけて布石を打って、領土拡張を図ったソ連と中国、ソ連は米国政府内部にまでスパイ網を構築して米国と日本を対立に持ち込み、戦争に追い込んだ。中国が米国内部で南京大虐殺のキャンペーンを組織した。関係のない写真をばらまき反日宣伝をおこない米国国民を対日戦争に誘導した。日本が真珠湾を奇襲した12月8日の翌日に、中国共産党は「これで対日包囲網が完成した」とアナウンスしている。米国と日本は見事にしてやられたのである。

 戦略のない外交がいかに脆弱なものかはソ連と中国の領土拡張の歴史を見ればよくわかる。安倍政権は戦略なしに、北方領土問題をロシアのプーチン大統領と話し合うという。詰将棋が詰んでしまってから形勢の挽回をしようとするようなもの。日本外交はまるで子ども、幼児性がいまだに抜けぬ。
 適切な戦略があれば北方四島返還はできるのだよ。

 千島歯舞居住者連盟のみなさん、根室高校北方領土研究会のみなさん、そして日本共産党のみなさんもVERONA文書に関心をもってください。ヤルタ協定は無効です、それが米国議会の正式見解ですから、北方領土返還運動で日米は協力できます。

*#195「少し過激な北方領土返還論」:MIRV(多核弾道ミサイル)開発・組み立て・解体ショー
⇒ロシアをぎゃふんといわせ北方領土を返還させるための具体論
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-07


 ところでこの文書は2010年に翻訳①が出ているのだが、値段が3万円以上もする。原著で読もうと思ってamazonで調べたら、代金引換やコンビニ決済が利用できない区分になっている。ネットで銀行口座を入力するのは危なくてやる気がしない。さて、どうしたものかの。amazonはどういう基準で代金決済に制限をかけているのか、ご存知の方がいたら教えてほしい。
 東京で書店回りをする体力があるかどうか。電車に乗って洋書のある書店へはスキルス胃癌の術後は一度も行ったことがない。混んでいる電車で立っているのは辛い、無理だろうな。あんなに本屋を回るのが好きだったのに…

 これらの本は暗号が誰宛てなのか、だれが発信した者なのか、歴史と照らし合わせて個人を特定している。
 ③の本が2014年の出版で一番新しい。解析がさらに進んでいるようなのでこちらを読みたい。大東亜戦争への見方ががらりと変わる。ルーズベルトは米国政府内部に構築されたソ連スパイ網でいいように踊らされていたのだ。

 なお、ウィキペディアは米国政府内部に構築されたソ連スパイ網の実名リストを挙げている。
*https://ja.wikipedia.org/wiki/ベノナ


ヴェノナ

ヴェノナ

  • 作者: ジョン・アール・ヘインズ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/01/30
  • メディア: 単行本
Venona: Decoding Soviet Espionage in America (Yale Nota Bene)

Venona: Decoding Soviet Espionage in America (Yale Nota Bene)

  • 作者: John Earl Haynes
  • 出版社/メーカー: Yale University Press
  • 発売日: 2000/08/11
  • メディア: ペーパーバック
The Venona Secrets: The Definitive Exposé of Soviet Espionage in America (Cold War Classics)

The Venona Secrets: The Definitive Exposé of Soviet Espionage in America (Cold War Classics)

  • 作者: Herbert Romerstein
  • 出版社/メーカー: Regnery History
  • 発売日: 2014/12/08
  • メディア: ペーパーバック

にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

#3928 視写速度格差の学力への影響 Feb. 12, 2019 [47. 語彙力と「読み・書き・そろばん」]

 生徒の「読み・書き・計算」の3技能はどれくらいの格差があるのだろう?
 北海道新聞のコラム「卓上四季」を使ってタイムを測ってみた。文字数は569文字です。

 A: 20分49秒 ⇒ 27.4文字/分
 B: 6分55秒 ⇒ 82.5文字/分

 標準時間はおおよそ15分(38文字/分)である。このケースの時間の比は A:B=3:1である。文章を塊でとらえて書くことができれば速度が上がる。アイ・スパンが広くなるから、視写しながら文意もつかめる。速度が遅い生徒は文章がぶつ切りに読んで書きとるので意味の塊としてとらえられない、つまり、文章を読むときにも障害が生ずる。先読みがほとんどできないから、文章の意味理解ができないし速度が著しく落ちることになる。難易度がそれほど高くないものは読みが速くなればなるほど理解の精度も上がる。だから、音読トレーニングや書かれた文章の視写から得られる学力に関する情報はすくなくない。

 標準速度よりも3割以上も試写が遅いと、国語の学力テストで平均点をとるのははなはだ困難である。文章全体をざっと読み、次いで「段落読み」をする時間が無くなるから、論旨を正確に追えない
 Bの生徒は国語の学力テストでいいときには満点に近い得点が可能だ。でてくる語彙をほとんど知っているからこそ、この速度が出せる。この生徒は圧倒的に速い。

 視写が遅いのは読めない語彙があることも原因の一つに挙げていいだろう。読めない語彙のところではシャーペンがとまるったり、速度がガクンと落ち、リズムが維持できない。速い生徒は一定のリズムでシャーペンの音が途切れることがない。
 語彙力が貧弱だと授業で先生の話す言葉もところどころ理解できないから、話の文脈全体を理解することができなくなる。そういうレベルの生徒が根室の中学生には25%くらい居そうだ。本を読まない生徒は日常生活で読む訓練がなされないし、知らない語彙が頻出して意味が分からなくなるので新聞や本を読まないし、視写速度も遅いということになる。

 「卓上四季」の視写に18分以上かかる生徒は音読トレーニングと視写トレーニングを併用すべきだ。15分が切れるまで毎日やったらいい。たいした時間はかからぬ、音読と視写で30分やれば十分である。
 高校へ入学したら、授業を聴きながら先生の説明を聴きとるには、16分を切らなければむずかしい。分速27文字レベルでは黒板をノートに写しているときは、先生の話が意味のある塊として聞こえていない。黒板の視写をしながら先生の説明を聴くという並列処理ができないのである。

 生徒を観察していると面白いことがわかる。数人が私語し始めたとしよう、並列処理のできる学力の高い生徒は話に混ざりながら手が動いて問題を解いているが、学力の低い生徒は手が止まっている。個別指導だから、問題を解き終わると生徒たちはときどき学校のできごとの情報交換をすることがある。話題に興味のない生徒は黙々と問題を解いている。並列処理はできるようにトレーニングしておいた方がいい。社会人となったときには仕事ではそういう能力も要求される。客先に行って話の要点をメモしている瞬間に、相手の話が聞こえなくなっている。危なくて重要顧客を任せられない。並列処理ができないとはそういうこと。

  これらのデータからわかることは、学校の授業をどんなに上手にやっても、根室市内の中学生の25%ほどはその学力を上げることができないということ。
 これを裏側から見ると、「読み・書き・計算」の基礎技能をアップすれば学力全般を飛躍的に上げることができるということだ。

 読み・書きの基本技能は訓練すれば速度アップができる。時間を5分間測ってやればいい。新書版の本なら何ページ音読できるかスマホのタイマー機能をつかってトレーニングしてみたらいい。口を大きく動かして、最大速度で5分間読んでみよ。
 計算も同じことで、10分間に何題の計算問題ができるかタイムとその時間内にできた問題数を問題集に書き込んだらいい。小学校低学年のうちに珠算を習わせるのが理想的だ。珠算塾では級ごとに乗除算を各10分間、見取算(足し算引き算)を10分間時間を測ってやらせる。計算も音読も視写も、これらの基礎技能は時間を計測してトレーニングすることで速くなる。スポーツと同じである。

 時間を計測してトレーニングしないと速度アップはむずかしい。かならず時間を測って訓練してほしい。

<余談:速度と時間と勉強量>
 だいじなことを書き忘れてました。標準速度の2倍で読め、書けるるということは、標準的な生徒が2時間かかって勉強するところを1時間でできるということです。
 そしてさらに計算速度が標準の5倍の生徒は、他の生徒たちが3時間かかかって解く問題を1時間で解いてしまうということです。そういう生徒が毎日3時間勉強したら、平均的な基礎技能の生徒は6時間勉強しても追いつきませんよ。学力格差は年々拡大してしまうということです。
 基礎技能の速度差は学年が上に進むにつれて学力格差を広げるほうに作用します。
 こんな関係が成り立っているのでしょう。勉強量に2倍3倍の差があったら、それが何年間も続いたら、圧倒的な学力差になって当然です。脳の反応のパターンも違ってきそうです。
 毎日繰り返しやることは、習慣となり、数年続けたら脳の反応に鋳型ができるので、性格形成にまで影響します。あだやおろそかにしてはいけません。 

 勉強量=(読み書き計算速度)×思考速度×時間


nice!(0)  コメント(0) 

#3927 所得税確定申告書作成完了 Feb. 10, 2019 [つれづれなるままに…]

 3時にすべての作業が終わった。

 ①証憑台紙に領収書貼り付け
⇒②EXCELで決算書作成
⇒③e-taxで所得税申告書作成
⇒④申告書類プリント
⇒⑤数値の最終チェックと提出書類がそろっていることを確認

 証憑台紙はA4のコピー用紙を使い、月別・日付順にナンバーを付して貼り付ける。この作業は正月を過ぎてから暇を見つけて女房殿がやってくれているから、わたしの作業は②~⑤を担当。
 まず証憑台紙を見ながら、EXCELの経費帳シートに入力していく。経費帳は行が日付順になっており、列が10個程度の勘定科目に分けられている。一番右側が行単位での集計欄である。下へ降りていくと合計転記の自動集計欄があり、その次にその列の合計欄がある。行の合計と列の合計を別々に行い、差が自動表示されている。集計に異常がなければ、差分の表示は「0」である。
 電話料金などの定期支払項目は証憑台紙を分けてそれ専用のものに貼り付ける。定期支払でない経費と混ぜないほうが管理がしやすい。そして抜けている月があれば12か月分の行に空欄ができるから見てすぐにわかる。手入力項目がすめば、損益計算書データをもとにして貸借対照表を作成するための自動仕訳が各シートの間でなされる。現金の支出の伴わない経費、たとえば減価償却費などの調整と、貸借対照表勘定のみの仕訳、たとえば、パソコン購入(借り方:器具備品、貸方現金)は手入力して補う。

 そういうわけで、経費帳の入力から②の決算書作成までの作業に1日、③の申告書作成に1時間ほどで作業が完了する。④と⑤は30分。

 EXCELでは月別売上帳、経費表、定期支払経費表、固定資産台帳、損益計算書、貸借対照表、合計残高試算表、医療費明細表などを作成している。集計項目は昨年のファイルをそのまま使えば自動的に集計されるが、ときどき集計項目までデリートしてしまうので、来年用のファイルを作成(コピーでいい)には色分けすることにした。集計項目やほかのシートから自動入力部分は薄いグリーンで網掛けしておけば間違えて計算式まで消去してしまわずに済むだろう。自動合計仕訳で試算表を作成して、B/Sの各項目へ数値が入るようになっている。
 毎年、作業が終わればそのままだったが、今年は、色分け作業をやって来年分をやりやすくしておくつもりだ。だからこれから作業続行。

 …20分かかりました、準備が整ったので来年はもっと楽にやれそうです。

 16日が土曜日だから、今年は2月18日から確定申告の受け付け開始です。



nice!(1)  コメント(0) 

#3926 厳寒の朝:最低気温マイナス17.0度を記録:除雪エクササイズ(笑) Feb. 9, 2019 [根室の話題]

 気象庁データによれば根室は朝6:37分にマイナス17.0度を記録した。もちろん今冬の最低気温である。
 朝7時にボイラーが自動的に入るようにセットしてあるのだが、今朝は入ってなかった。これで4度目、ボイラーは昨年2月に交換したが、日本製品でも信頼性が落ちていると思わざるを得ない。
 起きて暖房のスイッチを入れてすぐに(8時10分ころ)に温度計をカメラで撮った。2Fの寝室が3.6度、1Fが5度、1F台所ボックス内(水道配管付近)が4度だった。昨夜は水抜きをして寝たが、どうやらマイナス17度でも水道の凍結破損はなさそうだ。

① 2階
SSCN2577.JPG

② 1階リビング
SSCN2575.JPG


③ 台所水道配管付近
SSCN2576.JPG

<健康と雪の神様に感謝!>
④ 積雪深34㎝、車道脇の雪山がだんだん高くなる(向こう側)
SSCN2592.JPG

⑤ バス通りは轍(わだち)に黒いアスファルトがでていた(こちら側)
SSCN2591.JPG

⑥ 昨日除雪完了!
 車道脇の雪山も全部写真①の道路の向こう側へ運んで積み上げました。バス停前は雪無し!
 たっぷり2時間の除雪エクササイズ、夏場のサイクリングと同しくらいの運動量かも、雪の神様と健康にありがとう。
SSCN2589.JPG




にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#3925 数学平均点アップをやり遂げた啓雲中学校 Feb. 9, 2019 [データに基づく教育論議]

 市街化地域の3校の内の一つ、啓雲中学校が頑張って結果を出しています。

 3年生の学力テストの五科目合計(300点満点)平均点と数学の平均点の推移を並べてみます。
                                        五科目  数学
  4月(お迎えテスト)   101.1  15.9
  9月(学力テスト総合A)  101.5  11.7
  10月(学力テスト総合B)  99.0  13.4
  11月(学力テスト総合C)117.3  14.8
  12月(模試1)      107.2  16.9
  2月(模試2)       114.6  20.4
 
 一時は五科目合計点が100点を切って、過去十五年間で最低を記録し心配してました。
 別海中央中学校や中標津中学校には遠く及ばず(130-145点)、根室管内の市街化地域の中学校では最低ランクでした(柏陵中学校も五科目合計平均点が100点を切ってました)。それが114.6点までアップしてます。これには理由があります。
 数学の点数を見てもらうと、最後の模試が学年平均点で初めて20点に乗ったことがわかります。冬休み直前に教科書全部を消化し、冬休み明けから授業で入試過去問の演習をして学力アップを図ったのです。
 「2月末までかかって授業で復習なし」「12月末までに全部を終わって冬休み明けから1年間の復習を授業でやった」のでは結果が大違いということ。立派な成果です授業の進捗管理を徹底するということが学力に直結することがわかります。裏返すと、授業の進捗管理の悪い学校の生徒の学力テストの平均点は下がるということ

 ちなみに、学力テストは「標準問題」ですから、根室高校普通科入試「裁量問題」では「大問の1」の基本問題が出題されませんので、12点未満の生徒の大半は零点となります。階級が12点で切れていないので、比例計算すると学年生徒総数41人中15人(36.5%)が12点以下です。
 だから安心してはいけないのです。60点満点で12点は20%の得点ですから、高校では赤点です。高校の赤点は30点以下ですから、60点満点では18点に相当します。41人中22人(53.6%)います。
 

 根室高校普通科1年生が初めて受験する全国模試は7月ですが、昨年は百点満点で平均点が21点でした。わたしは昔のデータをもっていませんが、おそらく史上最低を記録したでしょう。今年7月の進研模試も大変なことになりそうです。
 根室高校普通科の数学は習熟度別に5段階にクラス編成されていますが、最上位のガンマ・クラスでは12年前は1月21日から授業で数Ⅱをやっていました。最近は2月いっぱいかかってなんとか数ⅠAを消化するのみ。学力低下で最上位のクラスですら、数ⅠAの消化に年度一杯かかっているというのが実情でしょう。異動があるので12年前の生徒たちの数学の学力を知っている先生はおそらく一人もいないでしょうね。1月20日までに数ⅠAを終わるなんて「常識」は消滅したのです。年度いπかかるのがあたりまえになってしまいました。生徒たちの学力が少しずつ低下していくというのは怖ろしいことです。高校の先生たちですら12年間の変化が見えないということです。普段の学力テストの点数をモニターしていない根室市教委も同じことです。データに基づかぬ教育行政は無力です。根室の子どもたちの学力低下をとめることができません。

 入試の得点で判断すると、特設コースの35名だけが十数年前の普通科の生徒の平均点と同じくらいです。定員オーバーの年度は五科目合計150点で数名不合格でした。いま150点で足切りすると、35名くらいしか合格できません。普通科120名の内、「特設コース」の35名を除いた生徒たちは十数年前なら、根室高校の生徒ではないということ。学力テストの五科目合計点が120点未満の生徒たちは全国レベルでは偏差値40以下、学力下位16%層ということ。大学へ進学しようと思っても、そのほとんどは名前を書けば合格できるような「Fランク」レベルの学校へしか行けないことになります。大半があきらめて専門学校進学となります。この三年間の進学先の変化を根室高校ホームページの進路実績データでご覧ください。道外の大学への進学実績が1/4程度になっています。

 30年後の根室を支える主力は中学時代の学力テストの平均点が100点前後かもしれませんね。これではむずかしい問題がでてきたら、解決できずにそのまま放置するしかありません。
 北方領土四島返還でもこの町の中で具体的な戦略が語られたことがありません。それは返還運動諸団体、市役所総合政策部、市長押しなべて一緒です。学力不足が災いしてなければいいのですが、早くこういう情けない状態から抜け出したいもの。

 たとえば、地域医療を支えるためには医師、看護師、薬剤師、検査技師、経営管理などの人材が必要です。とくに経営管理に有能な人材がいないといけません。年間17億円の赤字は10年前の2倍です。
 町の未来を明るくするには具体的なデータに基づいた効果的な教育政策、すなわち人材育成策が必要です。どれだけ優良な人材を育て、町に残せるかで未来が決まります。
 市長が教育に高い見識をもち、それにふさわしい教育長を配置し、総合政策部が町のビジョンを立案して、着実にそれを実行する、30年後のわが故郷はそういう町になってもらいたい。

<余談:根室高校生進路の変化>
 #3912に根室高校生の進路実績の分析をアップしていますので、そこから結論を引用します。詳しくはそちらの記事をご覧ください。

-------------------------------------------------

  3年間の変化のポイントを箇条書してみたい。
●国公立大合格者数が半減した
●道内私大への合格者が3割減少した
●道外私大の合格者が8割減少している
大学進学者数は毎年逓減しており56人から44人へ
偏差値50以上の大学へ進学するには、中学時代の成績が上位10%に常時入っていなければならない。
大学進学率は落ちていないように見えるが、分母に根室西高校を含めると、その比率は20%前後にすぎぬ
●市内就職者数が46⇒41⇒29人へ激減している
 大学進学者数はabcに分類されていないので実際の内訳数字が不明であるから「合格者数」で論ずるしかない。
-------------------------------------------------
*#3912 根室高校大学進路実績データを読む Jan. 28, 2019
https://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2019-01-27




にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)