So-net無料ブログ作成

#4061 金刀比羅神社例大祭:本宮の夜 Aug. 10, 2019 [88.金刀比羅神社のお祭り]

 8/10、夜7時から緑町1丁目交差点で行われた、太鼓の競演を見に行きました。まだ、太鼓の音がジンジンしてます。写真10枚アップします。

<写真①>
 緑町3丁目交差点(花咲街道)から見た夜店の列です。弥生町1丁目まで続いています。
 夜店の数は少しずつ減ってます。55年前は、梅ヶ枝町三丁目から一丁目まで夜店が並んでいました。花咲通りにも梅ヶ枝町から緑町まで夜店が並んでいました。当時は植木屋さんは場所をとるので、鳴海公園でした。現在の2倍くらいありました。いまはこの通り一本だけです。気温は15度くらいでも、浴衣姿の人は多い。本音はウールの着物の方がぴったりです。
SSCN3049.JPG

<写真②>
 緑町2丁目交差点左側の「型抜き」の夜店です。この奥がスマートボール。この区画だけは60年前とあまり変わりません。旧川原商店前ですね。お昼には歩道に商品が山積みになり、それが夕方にはほとんどなくなっていました。お客さんでごった返していました。スマートボールの夜店の向かい側が「山田豆腐店」でした。がんもどきやアブラゲを毎日揚げてました。数人人を使っていたお豆腐屋さんでした。長女だったかな中学生の時の同級生でした。
  左側、手前角から、川原商店、山一、九谷屋金物店が一区画でした。派手な色彩の九谷焼の大きな陶器が窓辺に並んでいたのを覚えています。陶器屋さんだと思っていました。ご主人物書きだったのですね。北海道新聞が根室高校シリーズを連載していますが、その記事で知りました。子ども心にも、商売に熱の入っていないお店だというのがよくわかりましたが、理由がわからなかった。60年たってようやく理由を教えてもらった気がします。(笑) 川原商店も山一も商売熱心でお客さんでごった返していましたから、じつに対照的でした。商人というものは、その心掛けが商売にそのまま出るモノなんです。わたしには懐かしい一角です。道路右側には、靴屋さん、山田豆腐店、銭湯の松乃湯、文具屋さん(五番館?)、宮本おもちゃ店が並んでいました。この辺りまでは、梅ヶ枝町3丁目、道銀向かいに生まれてから高校卒業までの18年間住んでいたわたしのテリトリーでした。常磐町のヨッコもこのあたりがシマでした。あいつは北斗小学校、わたしは花咲小学校、光洋中学校で同じクラスになりました。あれから58年間のつきあいになります。
SSCN3051.JPG

<写真③>
 第一祭典区の太鼓演奏が7時23分から始まりました。
 太鼓の数は8つです。肩から下げた太鼓が重そうです。
SSCN3050.JPG

<写真④>
 東部祭典区の太鼓演奏です。軽い音のする小さい太鼓を6個、パイプ製の台にセットして地面に直接置いてます。大太鼓が一つと、3個並べて一人で叩いてました。太い撥を両手で持って打ち下ろすので、腰の力がモノをいいます。演奏は、タンタンタンと軽快な音から始まりました。
SSCN3053.JPG

<写真⑤>
 第三祭典区の太鼓部隊です。太鼓は10個でした。もちろん各祭典区には太鼓のほかに、3人の笛と、シャンシャンシャンとなる、金属の灰皿のような楽器を打ち鳴らす人がいます。リズムに合わせてダイナミックに動きます。それも見どころの一つです。
 御旅所のあるところに、ヤチダ靴店「靴のトガシ」がありました。2階建てで2階も売り場になっていました。
*靴のトガシ:http://www.midoreet.com/m042.html
SSCN3054.JPG

<写真⑥>
 第三祭典区-2
SSCN3056.JPG

<写真⑦>
 第三祭典区-3
SSCN3059.JPG

<写真⑧>
 西部祭典区
 どの祭典区の技術レベルも高いのですが、西部祭典区には根室太鼓の佐藤さんがいます。この祭典区が一番根室太鼓のメンバーが多いのではないでしょうか。
SSCN3060.JPG

<写真⑨>
 1丁目交差点での太鼓共演がはねた後、緑町2丁目交差点で第一祭典区の山車と第三祭典区の山車が角を突き合わせて、太鼓をたたき合っています。第一祭典区の女の子が太い撥を笑顔で突き出している表情がいい。「よいよいよいよい!」と大きな掛け声とともに、バチを突き出し、第三祭典区の叩き手を挑発してます。第三祭典区の方は細い撥で、神田ばやしを高速連打です。年に一度だけ、太鼓の競演が終わっても余韻まだ冷めやらぬといったところです。
 2丁目角の酒店さんは60年前にもありました、老舗です。緑町1丁目の小林酒店さんも老舗でしたが、数年前に閉店しています。1丁目では伊沢書店さんも老舗の書店の一つでしたが、一番最後に閉店となりました。ご主人の顔が浮かびます。お元気にしておられるかな。本を買う人が減っていけば、町から本屋さんがなくなります。

SSCN3064.JPG

<写真⑩>
 同じシーンを、少し引いて写しました。2丁目交差点は熱演に声援を送る観客でいっぱいです。午後8時33分のシーンです。左端の手前側が第三祭典区の山車、奥側が第一祭典区の山車です。
 右側の角の店が、老舗の酒店さん、60年前にもありました。小酒井さんと言ったかな。斜め向かいに北洋相互銀行そして坂を下った方に札幌銀行がありました。北洋相互瓶工は60年前にもありました。若い元気な行員さんがビリヤードしていたので覚えてます。
SSCN3065.JPG


 どの祭典区だったな忘れましたが、肩から掛けた大きな太鼓を、片手で両面を連打する技がすごかった。ソロ演奏が長かったんです。この技は、根室太鼓の佐藤さんが3年くらい前にやって見せてくれたのが、わたしが見た初めてでした。金刀比羅神社のお祭りを横糸とすると、根室太鼓という縦糸があって、一つの織物となって技が受け継がれていってます。お祭り練習だけでは、技倆がこんなに上がらなかっただろうと思います。60年前との大きな違いは、根室太鼓という和太鼓のグループがあり、一年を通してトレーニングしているからです。その担い手の一人が、佐藤さんです。太鼓に打ち込むあまり、だんだん太鼓になってきました。仕事も一生懸命にやる人です。


にほんブログ村



nice!(0)  コメント(2) 

#4060 金刀比羅神社例大祭 Aug. 10, 2019 [88.金刀比羅神社のお祭り]

 2時ころにお祭りを見に行った。緑町は人でごった返していた。2時の気温は14.8度だが、浴衣姿の人が多い。中高生と家族連れでがほとんど、若い人は少ない。時々小雨がぱらついていました。

 今夜6時半からの、各祭典区の太鼓の競演がすばらしいのです。観客が多いほど盛り上がります。太鼓の技量は昔に比べると、比較にならぬほどアップしてます。太鼓だけは、後継者もしっかり育っています。

<写真①>緑町はいつもどおり夜店が並んでいた。
SSCN3018.JPG

<写真②>お神輿が来た!
正面に白装束の人がいますが、毎度おなじみ、お神輿の先導役のK浦さんです。忙しそうなので眼で挨拶、根室高校1年生の時に同級生でした。当時、かれはアマチュア無線が趣味でした。わたしは家業のビリヤードが趣味と同時に店番お手伝い。たった一年間の同級生でしたが、35年ぶりで根室へ戻っても、「お!、ebisu」「お!上浦」といきなり高校1年生からワープしてきた感じで、違和感なし。お祭りのときに立ち話するだけ、毎年そうしてお互いの生存を確認してます。(笑)
 後ろに歩道橋が写っていますが、お神輿が通るときに歩道橋に人がいたら、下りてもらいます。お神輿には神様が乗っておられますので、お神輿よりも高いところから見物してはいけません。
SSCN3019.JPG


<写真③>根室駅前 お神輿ラン!
 根室駅まで走ります。惰性がつくので、とめるのたいへんなんですが、すんなりとまってました。青い装束の人たちが神輿の制御役です。1.5tのお神輿ですから、勢いがつくと危険なのです。組んでいる木をいれたら、1.8tあるのかな?重いので、綿の入った分厚い肩当をして担ぎます。52年前にわたしも肩当をして担ぎました。緑町の下り坂で、道路わきにとめてあった車を大破させ、出雲神社の大灯篭を吹っ飛ばしました。お神輿の枠木にちょっとあたりました。2mを超す石灯篭が吹っ飛びました。間に人が入ったら、即死です。神輿を担ぐ人たちは、途中でお酒を飲まなくなりましたね。昔は、結構飲む人が多かった。だから危なかった。ご利益か不思議に怪我人がでない。
SSCN3015.JPG

<写真④>息切れしてます(笑)
 担ぎ手は2つのグループに分かれているので、ここで交替です。
SSCN3016.JPG

<写真④>着飾ったお稚児さん 
 お母さんと6人の子どもたち、ではありません。(笑)
 いくつかのグループに分けて、それぞれお世話係のお姉さんがついてます。このお姉さん、子どもの扱いがとっても上手。
SSCN3017.JPG

<写真⑤>西部祭典区山車
 根室駅前の国道から撮影
SSCN3013.JPG

<写真⑥>第三祭典区山車
SSCN3014.JPG

<写真⑦>第三祭典区先太鼓
各祭典区には「先太鼓」グループが2組ついています。子どもと大人ですが、いまは大人がすくなくなって、中高生がほとんどです。子どもの方は小学生が主体。境目がはっきりしなくなってきました。昔は先太鼓を高校生が叩くということはありませんでした。20-30代の大人の男だけでが叩いてました。先太鼓の競演では、「喧嘩太鼓」、腕力勝負、力任せにたたいてました。(笑)
SSCN3022.JPG


<写真⑦>東部祭典区山車(遠景)
SSCN3020.JPG

<写真⑧>東部祭典区山車(ズームアップ)
SSCN3021.JPG



にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0) 

#4059 白内障手術後の夜間ドライビング Aug. 10, 2019 [36-1 白内障手術とその後]

 昨日(8/9)は金刀比羅神社例大祭の宵宮だった。各祭典区の寄付集め担当者たちは、透明の雨具に身を包んでいたが、激しい雨降りの中を歩いて個別訪問だから、ずぶ濡れ、ご苦労様。昨日の最高気温は15.8度だったから、風邪をひいてなけりゃいい。東部祭典区が来なかったのは、雨がひどいので、回り切れない地域があったのだろう。
 あんなに雨が降り続いていたのに、夕方5時ころ雨が上がったが、6時半からの緑町1丁目交差点での「山車競演」は中止になった。昨年は見に行ったが、今年は昨年弊ブログにアップした写真を見て愉しんだ。(笑)
 今日が本宮である。神輿を見に行こう。

 一昨日(8/8)、用事があって夜7時半頃に車の運転をして、気がついたことがある。左側の暗闇がよく見えない感じがした。車幅の感覚も少し違う。夜間の運転は数年ぶりだから、そのせいかもしれないが、感覚が違った。
 夜9時ころ、庭で確かめてみた。歩き回って体の位置を変えて、白内障手術した左目側が暗闇が来るような位置でどうなのかやってみたのである。明かりがついていれば問題なしだが、どうやら、暗闇の場合は視認性が落ちているようで、車の運転のときに感じたことは事実と認めざるをえぬ。

 車の運転をしていて一昨日何が起きたのかというと、車幅感覚が曖昧で、街灯が切れたところの視認性が悪く、行先の家を通り過ぎてしまった。通り過ぎた瞬間、右側が見えていたのでおかしいと気がついて停車した。家の電気が消えていたので気がつかなかったのである。脳の方は目的の家が近づいているので、無意識に家をサーチしていたが、目がそれをとらえられなかったらしい。

 夜散歩してさらに確かめてみようと思うが、夜間の車の運転は避けたほうがいいのだろう。

<8/10、23時追記>
 助手席に乗って左側の暗闇が見えるかどうか試してみたら、大丈夫だった。一昨日は、雨が降っていたので、対向車が来ていて、ぎらついて見えにくかったようだ。
 雨の日の夜間ドライブは、薄い黄色のサングラスを着用したほうがよさそうだ。



にほんブログ村

nice!(1)  コメント(7) 

#4058 髪を洗うのは術後1週間 Aug. 7, 2019  [36-1 白内障手術とその後]

  7/31に白内障手術をし,、8/2た退院のときに、「白内障手術を受けられ退院する方へ」という紙をいただいた。

 書いてあるのは次の3項目。
①退院後の点眼薬の使い方
②受診の目安⇒点眼薬がなくなるころ
③術後の日常生活について⇒術後1週間たってから入浴・洗髪・洗面をいつも通りに

 さっそく風呂にはいり洗髪した。2度洗いして髪がすっきりした。昨日まで、ロードバイク用のサングラスをして、顔と目に水がかからぬようにしてシャワーですませていた。毎日最高気温が25度くらいだったので、暑かった。それでも夜になると8度くらい下がる。
 今日の最高気温は25.5度、最低気温は17.8度である。

 パソコンでタイピングするのがとっても楽だ。50㎝ほど離れて両目がバランスよく焦点が合うので、目の疲れ方がはっきり違う。
 地元に腕のよい眼科専門医がいて、世界一であるZEISS製手術機械が導入され、息の合ったチームの治療が受けられるのはほんとうにありがたい。
 3月下旬に東京で眼鏡屋さんに左目の視力がこんなに低下したのは目の病気の可能性があるので、眼科医の診察を勧められた。すぐに近所の眼科医で受診すると、白内障の診断があり、白内障の手術をしてから眼鏡を作るように言われた。レンズには単焦点と多焦点レンズがあり、前者は保険適用だが、後者は保険適用外という説明だった。保険適用外の多焦点レンズはピントが2か所で合うが、それほどいいものではないと羽藤先生、「わたしなら、単焦点にします」ときっぱり。多焦点レンズは病院によって価格に幅があり、50-70万円くらいだという。単焦点レンズに決めた。
 根室に戻ってから主治医の岡田先生に相談すると、市立根室病院の眼科を勧めてくれた。大谷先生に紹介状を書いてもらい診察を受けた、やはりレンズは単焦点と多焦点があり、多焦点レンズの手術が必要なら別の病院を紹介する、根室では単焦点レンズの手術のみやっていると説明があった。それで手術のスケジュールが決まった。眼科の手術は毎週水曜日、白内障の患者が多いから、3か月後に手術ということになった。2.5万人の人口で8000人が老人である。根室は高齢化が進み、老人の比率が3割を超えている。
 予定通り7/31に手術をしてもらった。手術予定の患者は6人だったが、途中で緊急オペが入り、40分ほど遅れた。予定の6人プラス1人、手術チーム待ったなしで対応だから厳しい仕事だ。
 術後1週間がたち、今日のんびりお風呂に入り、髪を洗って気分もすがすがしい。

 白内障手術体験記がどなたかの役に立てば幸いと思いながら、書き綴りました。カテゴリー「36-1 白内障手術とその後」にまとめてあるので、本欄左側のカテゴリー区分蘭の該当箇所をクリックすれば、記事が新しい順に並びます。
 白内障の手術をしようかどうか迷っている方、そして白内障でもないのに、読んでくれたあなたにも、ありがとうです。

 8月の最後の週には次の点眼薬が必要になるので、処方箋をもらいにいきます。もちろん、その際には診察も受けます。3か月間、月に一度の頻度で受診の予定になっています。術後の経過観察もちゃんとしてもらったほうがよい。
 鏡で眼球をよく見たら、レンズの羽が固定されている部分が光の屈折率に違いがあり、わかった。すごいものだ、こんなことができるんだ。


 新しいメガネは、東京のメガネ屋さんで視力の検査をして、眼科受診を勧めてくれた方にお願いするつもりです。視力検査のあとで、こういってくれました。
 「いまつくっても、つくれないことはないのですが、無駄になりますから、先に眼科の受診をお勧めします」
とても親切な方でした。

<余談:インプラント>
 7年くらい前に東京聖蹟桜ヶ丘駅前の林歯科医院でインプラントを2本入れてもらいました。歯の治療もあるので、毎年東京へ行くたびに、インプラントもチェックしてもらってます。インプラントをした後は定期点検を毎年やったほうがいいと、林先生。わたしもそのほうが安心です。胃を全摘しているので、歯のトラブルは食べる量が減るので、体力がもちません。歯の健康はとっても大事なのです。歯科医の林先生とはもう20年くらいのお付き合いになっています。最近は、孫も。



にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

#4057 白内障手術前の点眼薬「ガチプロ」:Aug. 6, 2019 [36-1 白内障手術とその後]

 白内障手術の4日前から「ガチプロ」というキャップが赤の点眼薬を一日五回使用する。この眼薬は目の細菌を殺菌する作用のあるもので、細菌のDNA阻害剤であるから、手術直前の点滴が終わると、看護師さんが回収した。1度に2滴の投薬もやってはいけない、量が多すぎるからだ。作用が強いだけでなく、他の点眼薬とは薬理作用が違っていてDNA合成阻害剤ということもある。細菌のDNA合成を阻害するだけならいいが、正常細胞のDNA阻害という副作用が生じるような使い方になってはいけないのだろう。

 手術後は別の3種類の点眼薬を使うことは、#4053で説明した。
*ガチプロ
https://www.qlife.jp/meds/rx14534.html

 ところで、術後の「点眼液2=リンデロン(炎症止めのステロイド剤)*投薬後瞬きしないこと」には、ネットで調べたら注意書きがあったが、なぜだろうと考えていた。
 点眼後に瞬きをすると、薬剤が眼球の裏側に流れ落ちるのがわかる、前面の方が薄くなる感じがある。手術の際に眼球の表側の端のほうへメスを入れて、手術機器を挿入・操作するので、傷は表側にある。抗菌作用のある目薬はその傷のところに作用してほしいのだから、瞬きをして「裏側にこぼして」しまっては薬剤の効果が小さくなるからだろう。リンデロンは黒の遮光袋に入っている。

 術後に1日4回、5分おきに点眼する3種類の目薬は、投薬後はどれも瞬きしないほうが目の表面にとどまって効きがよいということになる
 7/31の手術だから、ちょうど7日目だ。明日から頭髪を洗える。3種類の点眼薬は3か月継続するように、大谷先生に指示されている。21回やったので、面倒な手順に慣れた。

 投薬前の指の除菌と目の周囲の清拭そして投薬、手順の解説は#4053をご覧ください。


<感謝!... m(_ _)m>
  白内障手術をしたあと、左右の視力が同じになったので、とっても見やすいのです。以前の眼鏡をかけると、テレビに映る細かい字の輪郭がくっきり見えます。裸眼でもテレビ画面に映る字が読めるのでありがたい。パソコン操作にちょうど良いところで、焦点があってます。手術をした左眼でも、していない右目でも小さい字がくっきり見えてます。
 プラスチック・レンズは透明度が違うようで、手術をしていない右目の方が色がすこしくすんで見えてます。
 大谷先生の技術力が高いことと、四人の手術チームの呼吸がぴったりあっているから結果がいいのでしょう。手術機器も世界最高のZEISSです。
ソニーのカメラがツァイスのレンズを採用しています。



*#4053 白内障手術体験記(2):術後の点眼薬3種類3か月 Aug. 3, 2019
https://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2019-08-03

 #4052 白内障手術体験記(1) Aug. 2, 2019
https://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2019-08-02

 
*#4026 眼科受診:白内障術前検査小話 July 4, 2019
https://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2019-07-04



にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0)