So-net無料ブログ作成

#3982 胡坐から立ち上がれますか:老化度チェック May. 3, 2019 [36. 健康]

 昨日(5/2)のことである。テレビを見ていたら、老化を判定する動きをやっていた。
 胡坐(あぐら)をかいて足を交差させたままゆっくりと立ち上がれなければ、歳を召した証拠で筋力が弱っているといってトレーナがやってみせた。確かにその通りなのだろう。今どきの言葉ではロコモティブ・シンドロームというらしい。ロードバイクに乗って飛ばしているから、それくらい簡単だろうとやってみたら、こけた。こけただけならいいのだが、左側に座卓があった。133㎝×77㎝の無垢板だから重い、腕が当たっても座卓はびくともしなかった。したたかにぶつけ、しばらくしてもヒリヒリがおさまらぬ、腕をまくってみたら、2か所3㎝くらい擦り剝けていた。
 散歩すらしないから脚の筋力が衰えっぱなし、自転車で使う筋肉は座ったり立ったりするときに使う筋肉とは違っていることがやってみてわかった。

 そういうわけで、今朝から庭で四股踏みを再開、そして昨日の復習である。足を交差させてから、お尻が地面につくほど下げて、ゆっくり立ち上がる、これを20回ほど繰り返したら、身体が暖かくなってくる。
 転んでも大丈夫なように畳の部屋でやってみた。胡坐をかいてから勢いをつけると立ち上がれるが、ゆっくりは無理だ。1か月後にできたらいい。これなら、気が向いたときに1分間でも家の中でやれる。

 ブログ「オータムリーフの部屋」さんが「危険な高齢者」と題して、高齢者の車の運転の危険に警鐘を鳴らすと同時に、「フレイル(虚弱)」、「サルコべニア(加齢に伴う筋量減少)」「ロコモティブシンドローム」の解説をしている。ブログ主はいつもよく調べて丁寧な解説をする女性である、分野が多岐にわたるから好奇心の強い人の様だ。クライミングそれも岩山登山が好きだったようだ。興味のある方はお読みいただきたい。どういうわけか、わたしはずっと男の人が書いていると思っていた。2年ほど前に女性だと気がついた。ebisuと年齢はあまり違わないのかもしれない。

*ブログ・オータムリーフの部屋
https://blog.goo.ne.jp/autumnleaf100/e/f06582f917b3fede44f46d6f7af43c98
https://blog.goo.ne.jp/autumnleaf100/c/f68e7cc89f1dc9cb61f1a78b6fd186fb

*長寿社会のフロントランナー 秋山弘子
https://www.platinum-handbook.jp/contents/5/?fbclid=IwAR0RJb_TwncvmbflWqVY9SHMCZwGw8Z34Jt9D4z55ZgXJoYio_whbDFOGGs

①痩せてるから、骨にぶつかって皮膚が擦り剝けます、太りたい(笑)
SSCN2633.JPG

②「犯人」はこの座卓です
SSCN2636.JPG


にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#3981 夕張市資産売却に関する疑惑(2) May 3, 2019 [8. 時事評論]

 前回#3980で、鈴木直道元夕張市長の仕事の杜撰さ、無邪気さに言及しました。市長は特別職の地方公務員でもあるから、地方公務員法の適用を受けます。職務専念義務は30条にありました。
-------------------------------------
すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当っては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。(地方公務員法第30条)
-------------------------------------

 「すべて職員は」とありますから、一般職も特別職も含むと思いきや、特別職は地方公務員法適用除外という第四条第2項、特別職である市長が職務専念義務違反をしても道義的責任しか問えないのです。
-------------------------------------
第四条 この法律の規定は、一般職に属するすべての地方公務員(以下「職員」という。)に適用する。
2 この法律の規定は、法律に特別の定がある場合を除く外、特別職に属する地方公務員には適用しない。
-------------------------------------

 市長の年収が低かったので、講演会で市長の年収相当額ほどの収入を得ていたようですが、そのせいで本来の仕事がおろそかになっていたとすれば、職務専念義務違反を日常的に犯していたということになりますが、第四条の規定で適用除外ですから、法的責任はありません。
  職務専念義務に関しては問えるのは道義的責任のみ。法的責任が生じるのは弊ブログ#3980で採り上げたように中国系航空会社が10億円での買収をもちかけて来たのに、それを秘匿して元大グループに2.4億円で売却、7.6億円の損害を夕張市に与えたこと、そして転売条項を外したことにあります。当該物件はすでに香港系ファンドに15億円で転売されています。
 箱物の石炭博物館は7億円もかけて改修しましたが、見学コースの坑道が火災を起こして再建の見通し無しです。これも破綻前と一緒の構図です。あれだけ箱物行政には懲りたはずなのに夕張市政はなんにも変わっていなかった。

 鈴木直道知事はいま打つ手を考慮中なのでしょう。すぐに記者会見して自分の落ち度を認め謝罪すべきでした。こういうときに頼りになるブレーンがいないように見えます。文春がでてからでは遅い、お粗末です。
 辞任となれば、拾ってくれるところはない。仕事のできなかった民主党政権の末路と重なって見えます。辞任となったら、担いだ人たちは就職先の世話くらいしてやってください。一兵卒で仕事の経験を積んでから、出直したらいい、彼はまだ若い

 辞任となれば道知事選のやりなおし、あきれて投票所に行かない人が増えないことを祈ります。
 政治不信は度を超えた「忖度」や傲慢な政局運営だけでなくこういうことの積み重ねからもうまれます。

 健全な保守主義とは、謙虚で正直な政治ということです、保守的な政治家にはそういう政治を心がけてもらいたい。市長になったら、全力で市長としての職務をまっとうする。道知事だって一緒です。


*#3980 夕張市資産売却に関する疑惑 May 2, 2019
https://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2019-05-02

 

にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)