So-net無料ブログ作成

#4000 五年目の車検:走行距離20936km May 18, 2019 [37. 老人介護・医療]

 月曜日に車検に出して、昨日金曜日の午後に五年目の車検が終わって車が戻ってきた。
 バッテリーがヘタっているので交換したほうがいいというので、アイドリング・ストップ対応の高性能バッテリーを薦めてくれた。
 エンジン始動のときに大容量の電力を食うので、バッテリーがヘタればエンジンがかからないことがあるかもしれない、安心して走れたらいい。アイドリングストップ機能をオンにしてあると、信号で頻繁にエンジンが止まり、そのあと始動することになる。オフにしておけば高性能バッテリーは必要なしということ、要は乗り方次第。4年に一度、通算15000㎞走った辺りで交換しておけばどんな乗り方をしてもいい。
 車載バッテリーについてネットで色々調べたが、ユアサが車載バッテリーメーカでは老舗ということが分かった。
 5年間で20936kmだから、年間4000㎞ほどしか走っていない。車がないと買い物が不便だ。あと何年運転できるかな。最近高齢者による自動車事故で若い人たちが一度に数人亡くなるような悲惨な事故が頻繁に起きているので運転をやめるタイミングをあらかじめ決めておこう。自転車に乗れなくなったら車の運転もやめようと思う。
 免許証を返納した後の生活パターンのイメージはまだわかない、不便だろうな。
 ボディがクッション材でできているような、排気量が小い試作車がテレビで紹介されていたが、あれも超高齢化社会へ向けてのアイデアの一つか。買い物や病院通いに限定するなら、ああいう車もありだ。根室の市街地なら渋滞の心配もない。過疎地と都会は高齢者対策も違って当然だ。

①距離メータ:20936km
SSCN2752.JPG



にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。