So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

#3850 全国学力テスト結果公表:根室の子どもたちの学力低下の惨状 Nov.8, 2018  [データに基づく教育論議]

<更新情報>
11/9朝9:54<余談:都市規模別平均正答率>追記

 5月に行われた全国学力テストの結果が公表された。写真は7日付北海道新聞根室地域版の記事である。
 根室管内の実情は「根室管内の小6は全道平均、全国平均とも昨年度より差が広がった」ということ。根室管内がそうなら根室市内はどうだろう?見出しは「根室 小中全て全道下回る」である。根室管内でも根室市がとくに学力が低いのである。10年ほど前には学力テストの平均点が150点を超えたこともある柏陵中学校がとくに学力低下が著しい。10月に行われた学力テスト総合Bの五科目平均点が90.7点(300点満点)で市街化地域3校中最低であった。

SSCN2330.JPG

*北海道教育委員会の分析・レーダチャート・帯グラフ等(根室版)…根室市が悲惨なことになっています、2番目のURLをクリックして根室管内版と比べてみてください。
http://www.curricen2.hokkaido-c.ed.jp/dokyoi/houkoku/H30_438_nemuro.pdf
http://www.curricen2.hokkaido-c.ed.jp/dokyoi/houkoku/H30_86-90_nemuro.pdf


 道内では日高管内、宗谷管内と並んで根室管内は学力がもっとも低い地域に数えられる、そして根室管内でも根室市は最低である
 これでは根室に赴任を嫌がるサラリーマンが増えるのはあたりまえ。学齢期の子どもの教育を考えたら、全道有数の低学力地域の一つである根室には来たくない地域ということになる。地元の教育に見切りをつけて札幌の中学校や高校へ進学させる親たちが増えている。
 もちろん、高校卒業までは根室で勉強させるというしっかりした考えの親たちもいる。全国模試(進研模試)で3科目偏差値78という生徒だって根室高校にはいる、道内一位の進学校である札幌南高校へ転校しても成績上位層だろう。

 さて、根室管内の正答率表が載っているが、根室市のそれは載っていないから、根室市内は別海町や標津町、中標津町、羅臼町よりも学力が高いと勘違いしている大人が多いのではないだろうか。
 根室市の市街化地域の3校が根室管内でもとくに学力が低いということをご存じない生徒や保護者、そして学校関係者が多いだろう。別海中央中学校、西春別中学校、中標津中学校に比べると、根室の市街化地域の3校は三つとも学力が低いのである。10月に行われた学力テスト総合Bで柏陵中学校は五科目平均点が90.7点啓雲中学校は99点光洋中学校が120点台のようだ。弊ブログ#3846にアップしたデータを再掲しておく。
釧路市内の14校中、今年度10月の学力テスト総合Bでビリは111.3点、もう1校110点台があったようです。別海中央中学136.4点中春別中145.7点知床未来中99.1点。)

 根室市教委のコメントはまだ出ていないから、根室教育局のコメントを引用する。

12月から管内の小中学校校長会や市町村教育委員会連合会などと合同で学力支援事業「チーム根室で学力向上を!」に取り組む重点支援校での授業改善などを全面的に支援するもので、教育支援課の冨田直樹課長は「管内の教育関係者が一体となって子どもの学力底上げに理科らを入れたい」と話す。

 
 民間会社で部門を超えた重要な問題がもちあがったときに、部門を超えたプロジェクトチームが編成される。メンバーの選出が重要で、その問題に解決能力のある者が集められる。そういう観点から根室教育局の対策をまな板に載せてみたい。
 管内の小中学校の校長や市町村教委は、生徒たちの学力低下に深くかかわってきた当事者であり、その大半が仕事の責任を問われる立場の者たちである。その者たちに、学力向上の具体策が創れるとは思えない、できるくらいなら現職の時に実績をあげている。
 少数の校長経験者が学力向上に功績があった事実をわたしは知っている。そういう功績のあった校長だけを集めたらいい。学力を低下させた当事者たちをプロジェクトメンバーにしてはならない
 わたしが知っているのは、荒れた学校を立て直した元啓雲中学校長のS・Y先生と、3月に定年退職した元別海中央中学校長A・S先生のお二人である。校長としてマネジメント能力が卓越していた。他にもいるだろうから、そういう先生だけを集めたらいい。
 プロジェクトの成否は、問題解決能力のある人材を集めることができるか否かにかかっている。四方山話に花を咲かせるのではないから、校長職にありながら実績のあげられなかった人たちや問題解決能力のない人たちは要らない、足手まといになるだけ。
 さて、ふだんの学力テストデータすらモニターしていない根室市教委にプロジェクトのメンバーになる資格があるだろうか?

 根室に関して言えば、長谷川市政12年間の教育無策がこどもたちの学力低下を招いた事実は無視できない。「オール根室」を叫びながら根室の未来の芽をせっせと摘んでくれた。新しい市長は副市長として長谷川市長を支えてきたから、根室市の子どもたちの学力低下に大きな責任がある。学力低下を放置してきた市議会文教厚生常任委員会も同類である。
 心を入れ替えて、教育問題に真摯に取り組まれよ。責任ある大人たちがそれぞれの職務に忠実に励み、責任をまっとうすることで根室の未来はまだ変えることができる。未来に住む根室っ子たちのために当代のわたしたちがやれることをやろうじゃないか。無責任仕事とはおさらばしよう。

<余談:学力の地域格差>
 学力テストの平均正答率には人口規模ではっきりした傾向が現れます。
   町村<小規模の市<大規模の都市
 この傾向は今回の学力調査でもはっきり表れています。都市規模別の平均正答率折れ線グラフが載っていますのでご覧ください。
*http://www.curricen2.hokkaido-c.ed.jp/dokyoi/houkoku/H30_93-95_kibobetu.pdf
 
 根室管内を見ると1市4町ですから、都市規模が大きいほど学力が高いなら、根室市が断然トップのはずですが、そうはなっていません。10月の行われた学力テスト総合Bの結果データから判断すると、おそらく羅臼町と似たり寄ったりというところで、別海町や中標津町よりかなり下に位置しています。
 つまり、根室の中学生の学力低下の現状は「異常値」として分類されるということです。


-------------------------------------------
 このホームページに載せられている様々なコンテンツを読めば、A元校長の力量のほどがわかります。こういう人が根室教育長だったら子どもたちの未来がずいぶん違ってくるでしょうね。
*A元校長の教育に関するホームページ
http://office-aosaka.com/
-------------------------------------------

#3846 高校1年生進研模試実施日11/3&中学生の学力の現状 Nov. 3, 2018
https://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2018-11-03


SSCN2329.JPG





にほんブログ村

nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

Amanda

お久しぶりです。
各市町村別の状況も載っていましたね。
根室市の状況は、見てびっくりしました。

http://www.curricen2.hokkaido-c.ed.jp/dokyoi/houkoku/H30_438_nemuro.pdf
by Amanda (2018-11-09 00:59) 

ebisu

amandaさん
北海道教育委員会の結果報告書の根室の部分のURLありがとう、本欄に貼り付けました。
根室管内版のレーダーチャートと比較すると、根室市のひどさがくっきり浮かび上がります。
まるで奈落の底に真っ逆さまという状況です。
ふだんの学力テストの結果で、根室管内では根室市の学力が管内のほかの地域に比べて五科目平均点が20~40点低いことが分かっていましたから、予想通りの結果です。

根室教育局はあいもかわらず、「チーム根室で学力向上を!」なんて毎年言っているようなお題目をあげるだけの無策ぶりです。
なにやら北方領土返還運動とスタイルが似ています。
政府予算を使ってやってるふりだけ、効果のないことばかり。
数値データは正直です。
まずは昨年度のお題目と結果データを突き合わせて「総括」してから、新たな教育政策を考えるべきです。

市内の小中学校を2校に統廃合すれば、教員の配置が分厚くできます。そこからスタートでしょう。無償スクールバスを各地域ごとに朝は1便、下校時は3便だせばいい。

by ebisu (2018-11-09 08:49) 

サリー

塾長、おひさしぶりです。
これほどまで根室の学力が落ちているとは・・・ひどい。驚きました。(*_*;  塾長がおっしゃるとおり。やってるフリだけで、現実を問題視しない市教委はかなり問題でしょうね。 スクールバスは必須です。へき地なんだから、こういうことにお金を使ってほしいですね。
by サリー (2018-11-10 13:04) 

ebisu

サリーさん

お久しぶりでした。
今年も温室トマトは豊作でしたか?

市街化地域の3校では柏陵中学校が伝統的に学力が高かったのですが、今年の3年生は先月行われた学力テスト総合Bの五科目平均点が90.7点でした。300点満点ですから3割の得点が平均値、高校なら半数が赤点です。

わたしが根室に戻ってきたころは140-160点でしたからすさまじい学力低下を起こしました。3年生だけが例外ならいいのですが、2年生も1年生も似たり寄ったりの状況です。柏陵中学校で学力テスト平均点は史上最低を記録したはずです。
啓雲中学校は99点ですから、少しいいだけですが、釧路の14中学校のビリが110点台ですから、お話になりません。別海中央中や西春別中、中標津中が130点台ですから、根室管内でも根室の市街化地域の3校は最低なのです。

市内全部合わせても生徒数は1学年150-200人ですから、もう1校体制でもやれます。団塊世代の時は光洋中学校が1学年10クラス550人でした。1校に集約しても団塊世代の時の1/3割程度です。

1校に教員を集めたら、3割くらいは余剰人員となるでしょう。国語と数学と英語は習熟度別に細分して手厚い授業が可能になります。先生の力量に大きな格差があるので、そのあたりも校内でスキルの研鑽で解消可能です。部活も2人制で交替で担当したらいい。

無料スクールバスは道教委と話をして、統廃合を進める代わりにバスの運行費用を全額出してもらえばいい。人員減によって人件費が削減できるのでいい交渉材料になります。

根室高校生も同じバスに乗ってくればいい。
いまが大胆な地域教育改革のチャンスなんです。

根室の子どもたちの7~8割は都会へ出て就職します。こんなに学力が低いのでは最底辺の生活を余儀なくさせられます。
もちろん学力が低くても、人望があって人を引っ張っていけるとか、辛抱してまじめに努力して一人前の職人になるとか、他人とのコミュニケーション能力が人並み外れて高いとか、そういう特性があればなんとかなりますが、そういう人材は稀です。

このままでは、都会へ出て最底辺層から抜け出せないような生活をする若者が激増します。
責任ある職に就いている根室の大人は、全力で自分に課せられた職務をまっとうすべきです。

サリーさん、体調はその後いいのでしょうね。
投稿どうもありがとう。

by ebisu (2018-11-10 16:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。