So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

#3849 ベッドに羊毛敷き布団を使ってみた Nov. 7, 2018 [36. 健康]

 冬になると寝ていて寒いので電気毛布をマットの上にのせてその上に薄い羊毛布団を載せて寝ていた。寝る前に電気毛布のスイッチを入れて温め、切ってから寝るので、時間がたつにしたがって冷えてくる。かといって電気毛布を一晩中いれていたら体に良くない気がする。
 女房殿が一昨日厚手の羊毛敷布団に替えてくれた。ベッドのマットの上に厚手の羊毛布団を敷いたのである。そうするととっても身体が暖かい。4時ころオシッコがしたくなり目が覚めていたのだが、6時過ぎまで目が覚めぬ、身体が芯から温まってぐっすり眠れるからありがたい。

 年に1-2度東京へ戻るが、布団は日光に当てて乾かすから、まるでお日様が当たっているかのように暖かい、厚手の羊毛布団をマットの上に敷いただけでそれと似た感触がある。
 根室は湿度が高いので外で布団を干すという習慣がない。かえって湿気るからだろう。8月の日ごとの最高湿度を調べてみたら、90%を切った日がかなった。南側を太平洋と北側をオホーツク海に挟まれた幅4-6㎞ほどの根室半島だから、春夏は湿度が高いのである。
 ベッドのマットだけでは下から冷えるから、身体が温まらない。身体が冷えていると癌になりやすいと言われている。癌になるかどうかの真偽は別にしても、寝ていて身体が冷えるのはたしかに体調が悪くなりやすい。第一、睡眠の質がちがう。厚手の羊毛敷き布団一枚を加えただけなのに、じつに暖かいのだ。身体の冷える人は試してみたらいかが?


にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。