So-net無料ブログ作成

#2722 大泣きの兵庫県議(笑)と県議会事務局の杜撰な事務処理(怒) July 2, 2014 [政治に求めるもの]

 兵庫県議が不明朗な政務調査費使用で釈明会見をしたが、近場の城之崎温泉へ年105回の出張の際にどの駅から電車に乗ったのかと問われて、「鉄道(路線)に詳しくないので・・・」「記憶にない」などと返答につまり、そのあと「やっと県議になったんです・・・」など質問とは関係のないことを言いながら泣きじゃくり、まるで幼稚園児製のようだった。
 先週はセクハラ野次の東京都義に呆れ、今週は兵庫県議の泣きじゃくり記者会見にびっくり、こういう園児レベルの人が県議となっていることに驚く。県議会レベルになると、本人がどんな人かも知らずに投票をしている選挙民が少なくないのかも知れぬ。
 それにしても、議員の人材劣化は目を覆うばかり。都議会ではいまだに鈴木彰浩議員よりもずっと悪質で下劣なセクハラ野次を飛ばした都議が複数名いるはずだが、名乗り出てこない、恥を知らぬ者がいる。潔い日本人はどこに行ったのか?そんなやからをかばいあう自民党都議団の道徳レベルを疑わざるを得ない。

<金銭出納事務のでたらめさ>
 この「事件」で「お子ちゃま議員」よりも不可解に思ったのは議会事務局のお金の出し方である。日帰り出張を195回もしておきながら、領収書なしでの費用請求にその都度応じていたのだから、金銭出納事務の杜撰さを問われるべきだ。議会事務局が野々村県議に「出張頻度に疑義があります、監査で引っ掛かるので領収書がなければ出金できません、次回からは領収書を添付して請求してください」と告げればすんだ話だ。そして次回から領収書がなければ出金しなければいい。議会事務局には金銭出納事務取扱に関する規程があって当然である。なければつくればいい。

<監査人の責任>
 監査人は何をしていたのだろう。三年間に渡って同じことが続けられていたのだから、兵庫県議会では監査が機能していなかった。日本人の悪い癖だ、監査人が監査業務の知識すらなく、監査手続きを知らない、そして出来上がった書類に判を押すだけ。落石漁協係長の8000万円使い込み事件、根室漁船保険組合の専務理事の2270万円使い込み事件など、実質的に監査業務がなされていないことで何年にも渡って不正が見過ごされて起きた。根室だけで2件もあるから、どれほど類似事件がかくれているかわからぬ。
 他人事ではない、議会事務局は全国の市町村にもある、もちろん根室市議会にもあるから、金銭取扱規程の有無と領収書のないルーズな金銭出納事務が日常行われていないか、全国の市町村議会事務局はいっせいに点検・公表すべきだろう。

http://www.j-cast.com/tv/2014/07/02209309.html
============================
「釈明会見で大泣き兵庫県議47歳!机を叩き「世の中変えたい一心で…」」
・・・

目に余る使途不明金「温泉や東京など出張195回。領収書なし

  不明朗な支出というのは13年度の日帰り出張195回を指すが、内訳は城崎温泉106回、兵庫県佐用郡佐用町にあるJR西日本・佐用駅62回、博多駅16回、東京都内11回。すべて政務活動費から支出され、総額300万円だった。しかも、領収書もなく、現地での活動記録も一切ない。その説明を求められた挙句の号泣だった。
  野々村県議は関西大学法学部卒して07年まで川西市の職員として勤務。11年に県議選に立候補して初当選した。当選当初から不明朗な使途が指摘され、「議会から返金を求められれば返します」と答えていた。
============================
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140702/waf14070220450025-n1.htm
  7月2日20時、産経ニュースより
============================
[兵庫県議、3年間で345回日帰り出張 号泣釈明も詳細説明拒否]

 兵庫県議会の野々村竜太郎県議(47)=無所属=が初当選後の平成23~25年度の3年間で、県内をはじめ東京や福岡などに計345回日帰り出張した「切符代」として、政務活動費から約780万円を支出していたことがわかり、梶谷忠修(ただお)議長は2日、野々村氏に「説明責任があることを肝に銘じ、説明できないものは返還すること」などと注意した。収支報告書には具体的活動の記載がなく、領収書もなかった。

 野々村氏は1日に会見したが、号泣しながら「天に誓って嘘偽りはない。意見交換など精力的な活動の結果だ」と、時折声を張り上げて釈明。しかし、移動の経路については「記憶にない」と答え、出張先での活動内容や面会相手も「公開しない約束をしている」と説明を拒否した。

 収支報告書の添付書類によると、25年度は兵庫県内で、自宅のある西宮市から約100キロ離れた豊岡市に106回、佐用町に62回出張。福岡市には16回、東京都内に11回出張し、すべて日帰りで鉄道利用だった。約10日間にわたり東京と福岡を1日おきに繰り返し出張したとする月もあった。
============================

 300万円を返済すれば済むものではない。ことは公文書偽造および公金横領であり、立派な犯罪だから刑事事件として告発すべきだ。議員辞職は当たり前。そしてとうぜんのことながら、県議会事務局の杜撰な金銭出納事務についても責任者の処分をすべき。

 この種の犯罪は未然に防ぐことができる、関係規程に則って仕事は正直に誠実に粛々とやろう


*#2637 落石漁協の係長8000万円着服事件:監査および経理業務のあり方 Apr. 9 2014 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2014-04-09

 漁船組合横領 元専務を追送検(北海道新聞) 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-02-01

 #427 漁船保険組合の元専務逮捕
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-12-03

 #256 根室漁船保険組合専務、数千万円着服事件のその後 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-08-15

 #191 根室漁船保険組合 専務、数千万円着服か(北海道新聞)
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-05-25-1

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0