So-net無料ブログ作成

#3671 忘年会:釧路の教育を考える会 Dec. 31、2017 [さまざまな視点から教育を考える]

 28日に釧路まで行ってきた。釧路の教育を考える会は昨年は某国立大学教授をお招きして特別講演もしていただいた。バイオと製薬分野のお話だった。SRL学術開発本部で試薬開発や帝人との合弁会社で臨床治験の会社の経営を担当したことがあるので、じつに興味深い話だった。弊ブログで取り上げた。

 今年の特別ゲストは釧路市教育長の岡部さんである。まだ就任して2か月の岡部教育長は釧路の教育を考える会の角田会長の部下だったことがある。角田会長が40代で経済部長だったころのことらしい。角田さんが釧路市の教育長になったのは52歳の時だ。酒を飲んでお互いの人柄を知ることは大切なことだ。

 釧路は歴代の教育長が市役所から出ている。道庁の出向者を教育長に迎えている根室とは大きく異なる。教育長の職に就いて仕事をして、任期が終わってももちろん地元に住み続けている。角田会長は81歳になられたが、歴代教育長がその任期を終わっても根室に住んでいるような町にしたいものだ。
 気さくに酒を飲み、話ができる器の大きい教育長が根室にもほしい。

 2年前に造られた「根室市人口ビジョン」によれば、根室は地元企業が人材不足で困っているようだ。この資料の31頁には1996年と2012年のデータが載っているが、事業所数は16年間で2014から1544に23.3%減少し、従業者数は16,183人から11,031人へ32.8%減少した。これに地元に残る人材の質が劣化したらどうなるかは明らかだろう。この5年くらいで中学生の学力が著しく低下していることは、弊ブログで学力テストの点数の分布を示してなんども説明している。学力上位層が10年前の1/10になり、学力下位層が肥大化している。高校一校体制になり、それがますますひどくなっている。
 地元企業の経営者も、教育行政も学校の先生たちも、市議会文教厚生常任委員会のメンバーたちも、同じテーブルについてオープンに議論しないと、学力低下はとめられない。何もしなければ、2040年には人材難から事業所数は半減しているかもしれない。

 3名の釧路市議が釧路の教育を考える会のメンバーである。釧路は子供たちの学力問題へ関心が強い。教育は30年後の町づくりの人材を育てるものだから、人材を育ててることが未来の町づくりの礎となる。
 根室もそろそろ教育問題に関する議論を職種を超えて同じテーブルについて始めるべきだ。

 会の副会長である月田さんがブログで忘年会のことを書いている。
*第4075回 今年最後の忘年会(元釧路市議会議長・月田さんのブログ)
http://blog.livedoor.jp/gekko946/archives/51852256.html

昨年の忘年会の記事
*#3490 勉強と研究はどうのように違うか:生物物理化学の先端 Jan. 6, 2016
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2017-01-05

根室市人口ビジョン
http://www.city.nemuro.hokkaido.jp/dcitynd.nsf/image/75ea4dccff8db9f849257dd30027c337/$FILE/根室市人口ビジョン(7.31確定).pdf

         70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(4) 

#3670 わけのわからぬ「広報根室1月号」(2):病院事業 Dec. 30, 2017 [根室の過去・現在・未来]

 病院事業の上期決算が掲載されているが、これをみて、病院の上半期売上がいくらで、経常損失がいくらになっているのか、理解できる人は(財務課の職員を除いて)いないだろう。根室市のホームページには30日現在、まだ「広報根室1月号」がアップされていない。

 6ページの企業会計部門には病院・港湾・水道・下水の4企業会計の数字が並んでいる。このページのタイトルは「平成29年度予算上期(4~9月)の執行状況となっているのに、予算額は年額が表示されている。世迷言はいい加減にしてもらいたい。年次予算額と上半期の実績額を並べる民間会社はない。
 上半期の実績は上半期の予算額と比べるのが財務及び経理マンの常識だ。そういう常識すらないようで、毎年同じフォーマットで広報根室に掲載している。民間企業会計基準へのデータ組み換えは簡単である、広報根室の編集責任者の見識を問う。

 年次予算額は47.2億円、上半期実績額は収入が20.7億円、支出が21.8億円だから、1.1億円の赤字と見えるだろう?事実は全然違うのである。病院建て替え後は毎年16-17億円もの赤字を出し続けている

 収入の中には市の一般会計からの赤字補填金である「一般会計繰入金」が約16億円含まれている。企業会計と書いておきながら、「収入と支出」を掲載する無神経にはあきれるほかない。損益計算書は「収益と費用」を並べて表示する。
 市役所の内部資料ならそれ(「収入と支出」)もありだろうが、広報根室は市民の皆さんに読んで理解してもらうために発行しているはずだ。これでは読んでもわけがわからない。
 わけのわからないときは、原理原則や基本へ戻れとニムオロ塾では指導している。
 企業会計の常識では「収益と費用」である。広報根室へは民間会計基準で作成したものを載せるべきだと思う。もう10年近く弊ブログで民間会計基準での掲載を問題にしてきたが、残念だが、市議でそういう問題を取り上げた人はいない。広報根室の掲載方法に問題があるとは思っていないのだとしたら、市民目線でものを見ていないということになる。

 公的会計基準では経営の実態がまったくわからない。だから、夕張市は突然財政破綻した民間会計基準で市民へ広報していたら、問題は小さいうちに処理できただろう。市民は公的会計基準で作成された資料を見るのみで、赤字の実態を知らされていなかった。根室もよく似ているね。

 平成20年度の決算書が手元にある。売上22.9億円、費用33.5億円、差し引き経常損失10.6億円となっている。市の一般会計から10億円が繰り入れられて、損失は0.6億円。これが実態である。
 手元にあったほかの年度の決算書では、平成21年度は売上26.4億円、平成23年度は23.3億円。

 市立根室病院の売上は22-27億円である。市の一般会計からの赤字補填16億円が予算化されて、収入予算額が40億円前後になっていた。いくらなんでも平成29年度の47億円は異常だ。
 上場企業で売上予算が実績と5%のズレるなんてことはまずない。そんなにぶれたら、予算管理に問題ありとなって担当取締役は責任を問われる。市立根室病院の当初予算は毎年大外れだ。つじつま合わせの予算編成をするからだ。この点でも、市議諸君の市政チェックがぬるいと言わざるを得ない。
 ちゃんと基礎的な勉強をしておかないと、市議会で当を得た質問などできるはずがない。市議として報酬をもらうについては、市議としての職務への責任と表裏一体である。来年こそは、市議諸氏は市政チェック機能を立派に果たしていただきたい。そういうことを期待して市民はそれぞれ自分が支持したい市議を選んで9月の市議選で投票したのである。

 問題の本質は事実を隠蔽してはならぬということ毎年出し続けられている16-17億円の赤字は、公的会計では黒字に変わるが、嘘はいけない。民間会計基準で正直に市民へ報告して、問題のあることを明らかにしよう。問題があればテーブルの上にのせて、オープンな議論をして、総力を挙げて問題解決に当たろう


    70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#3669 わけのわからぬ「広報ねむろ1月号」(1):人口統計 Dec. 30.2017 [根室の過去・現在・未来]

 広報根室1月号が届いた。バックナンバーは次のURLにあるので、クリックしてご覧いただきたい。
 今回は裏表紙の人口統計データに注目する。
http://www.city.nemuro.hokkaido.jp/dcitynd.nsf/0/C5BA49B257175EBA492570C300446F71

----------------------------------------------------
 平成29年12月1日現在 人口 26,435人 前月比-30
----------------------------------------------------


 このデータを見て、1年間でどれだけ根室市の人口が減少したか±10%の精度で推測できる人はほとんどいないだろう。民間企業で予算の統括業務をしたり、経営分析で様々な統計データを加工してきたことのあるわたしにだってできやしない。

 こういう統計は、ふつうは「前年同月比」で見るのが当たり前だ。民間企業でも各種の前年同月データがよくつかわれている。
 では、前年同月データではどうなっているのか、同じURLで前年1月号の裏表紙のデータと比較しよう。

 2017年1月号  27,046人(2016年12月1日現在)
 2018年1月号  26,435人(2017年12月1日現在)
          -611人

 前年同月比でみると、根室市の人口は611人減少している。
 では、この年間611人減少というのは根室市の未来にとってどういう意味をもつ数字なのか?

 人口推移データと比較するしかない。
 根室市の人口減少が年間600人を超えたのは1969年からの3年間だけである。団塊世代が1969年に高校を卒業してからの3年間、住民票を移し始めた時期だ。わたしもその一人である。
 1971年以来45年ぶりに人口減少が600人を超えた。
 
 広報根室は昨年12月号から、裏表紙の人口統計データを「前年同月比」から「前月比」へ替えた。通常、こういう統計データの表示法を変えるときにはそれなりの説明があるのがふつうだが、なにも説明がなされていない。市議で質問をした人もいなかったように思う。市政チェック機関である市議会は機能しているのか?

 昨年12月号から変えたのは絶妙のタイミングだった。年間減少が45年ぶりに600人を超えたからである。忖度して「広報根室」を編集している部署がやったのかもしれない。それとも市長の指示だったのか闇の中。

 よらしむべし、知らしむべからず

 こんな言葉を思い出した。

 第5代根室市長だった藤原さんと現市長長谷川さんの時代に区分して、人口統計データを御覧に入れる。
 
【根室市の人口データ】
  人口 対前年変動数 %CH
1997年 34,835    
1998年 34,534 -301 -0.86%
1999年 34,183 -351 -1.02%
2000年 33,859 -324 -0.95%
2001年 33,488 -371 -1.10%
2002年 33,028 -460 -1.37%
2003年 32,668 -360 -1.09%
2004年 32,266 -402 -1.23%
2005年 31,771 -495 -1.53%
2006年 31,381 -390 -1.23%
2007年 30,881 -500 -1.59%
2008年 30,469 -412 -1.33%
2009年 30,081 -388 -1.27%
2010年 29,596 -485 -1.61%
2011年 29,139 -457 -1.54%
2012年 29,015 -124 -0.43%
2013年 28,549 -466 -1.61%
2014年 28,050 -499 -1.75%
2015年 27,629 -421 -1.50%
2016年 27,018 -611 -2.21%

 藤原市政の8年間は年平均394人の人口減少だったが、長谷川市政になってからは人口減少が加速しているように見える。それは移住促進というピント外れの政策を人口減少対策の中心においているからだ。地元企業の経営改革なくして、人口減少の加速はとめられない。人材難もますますきつくなる。
 地元企業の経営改革はそんなに難しいことではない、上場企業をお手本にすればいいだけ。

①決算をすべての従業員へ公開する
②予算制度を採り入れる
③予算達成と賞与をリンクさせる
④退職金規程を作り、年度末にいまやめたら退職金がいくら支給されるか文書で通知する
⑤経理規定を作り、会社の経費と個人のものを区別する
⑥会社に寄与していない親族を役員にしない、
等々。

 上場審査基準でチェックして、足りないものを整備すれば、会社の未来を担う優秀な人材は集められる。

 2040年根室市の人口は現在の2.6万人から1.8万人へ3割減少する。人口減少は危機であるが、やりようによってはチャンスに変わる。チャンスに変えるにはいまさまざまな職種にある大人たちが、仕事を通じてなすべきことをなさねばならない。
 市議は集まって、喫緊の問題と30年後の状況をハッピーなものに変えるために、議論のテーブルに着かなければならない。地元企業主も同じだ。根室の未来はわたしたちの手の中にある。

 毎年、高校を卒業して故郷を離れる若者がたくさんいる。地元に残る者たちの3‐4倍もふるさとへ戻ってこない。そういう人たちも、根室の人口減が加速する現実を知れば、胸を痛めるに違いない。



*#2542 根室の人口:『広報ねむろ1月号』より Dec. 26, 2013
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-12-25


 #3574 根室市の人口減少加速: ついに年間600人台へ突入(広報根室8月号) Aug. 4, 2017

http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2017-08-04


 ハンドルネーム「サルタヒコ」さんから、平成27年に根室市が作成した「根室人口ビジョン」という資料に人口動態データが載っていると投稿があった。なるほどよくまとまっている。有用な情報の存在場所の指摘や投稿欄を介して協働が成り立てばありがたい。
 根室市が何を考えているのかとくとご覧あれ。(6時半追記)

根室市人口ビジョン
http://www.city.nemuro.hokkaido.jp/dcitynd.nsf/image/75ea4dccff8db9f849257dd30027c337/$FILE/%E6%A0%B9%E5%AE%A4%E5%B8%82%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3(7.31%E7%A2%BA%E5%AE%9A).pdf





      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(4) 

#3668 小回りのコツ:遊びと学習は混然一体 Dec. 23, 2017 [サイクリング]

<更新情報>
12/24 10時半 諸々追記N⇒E⇒S⇒W⇒N、「学習と遊びが一体…」
12/24 午後4時40分 写真追加 乗り方を変えたので、円がきれいに分離している。


<智慧はどこで育つのか?>

 このところ毎日自転車に乗っている。車道は日陰の路肩付近がところどころ凍りついているのでNGである。だから、車庫前に描いた半径1.6mの円が二つ、そこを26インチのMTBでトレースする。幅は15cm、二つの円は50cm間をおいて連結されている。
 連結部を通過するときに、重心を左から右、右から左と切り替えなければならないが、このときにラインをはみ出すことが多かった。1周10.5mだから、四分円の弧の長さは約2.5mあり、上り連結部の手前2.5mのところからが六つかしい。水はけを考慮して歩道側から車庫側に向かって上り勾配がついている。下りはコースを外れないが、上り勾配の連結部はコントロールしきれないことがよくあった。
 自転車でカーブを通過するときは、円の中心方向とは反対側のペダルを再下端まで押し下げた状態が最善である。右側に曲がるときには左足のペダルを押し下げて、そこに重心をかけることができるから、右側に傾けた自転車と乗っている人間の重心が外側にかかることでバランスがとれ、安全に曲がり切れるのである。ところが、連結部の2.5m手前に来てから曲がり切れずに慌てて右に倒しすぎると、右側のクランクを上から下へ押し下げなければならないから、左足のペダルが上がって重心は円の内側へ移動し転倒しそうになる、重心が高くなるからだ。右側に傾けたときに、重心を低い位置に保つには左足のペダルが一番下がったとことにあるのがベストだ。転倒を避けるために自転車の倒す角度を甘くすると曲がり切れずに線を外側にはみ出す。急角度に倒すと、そのあとにすぐ逆回りになるので、左へ傾けなければならない。この動作が大きいと左右への揺れ幅が大きくなりコントロールを失う。

 少し考えてみた。連結部と円の中心を結んだ反対側まで来たときに、後輪に軽くブレーキをくれてやり、速度を落とす、ついで右に自転車を倒し、連結部をサドルが通過するときに正立で通過、サドルが連結部を通過するとすぐに左へ重心を移してみたら、スムーズに曲がれるようになった。いままでは準備が遅かったのだ。連結部から直径を引いた点のところあたりから調整を始めたらよくなったというわけ。90度分対応が早くなることで、連結部前後の通過の際に傾斜角度が浅くできるように変わり、コントロールが楽になった。漫然と走っていたら技術の向上はないようだ。

 さてわかっただろうか?
 わからなかった方は頭の中に円を描いてもらいたい、実際に紙に描けばもっとはっきりする。中心から見て北の位置に当たる円周上にNと書き込む。右回りで同様に東にE、南にS、西にWを書き込んでもらいたい。Nの部分の上にもう一つの円がある。連結部をNSとしよう。自転車は円周上を次のように回っている。

  N ⇒ E ⇒ S ⇒ W ⇒ NS ⇒ NE ⇒ NN ⇒ NW ⇒ NS ⇒ E ⇒ S ⇒ …

 いままではWの部分でコースアウトしそうになり、急に右側に自転車を倒していたから、自転車の傾斜角度の移動と体の重心移動のバランスのとり方に齟齬が生じたのである。転倒ギリギリ、W⇒Nのところでヒヤッとすることが何度もあった。そこで、Sの手前で後輪へブレーキを軽くかけて速度を半分程度に落とし、そこからゆっくりバランスを取りながらWへ、Wからは自転車を右傾斜から徐々に正立へと戻し、サドルが連結部NSを通過したときに正立、次いでゆっくりと左へ自転車を倒し、体の重心を右側へ移してバランスを保つ。頭の中にイメージをつくって円をトレースしても、ゆったりと安全に回れることが感じられるだろう。

 暇なときに、この体の感覚をイメージで再現しながら円をトレースしてみるだけでも技術が向上できる。こういう技は小学生の時にビリヤードで会得した。布団に入ってから呼吸を整えて技のイメージトレーニングを楽しんでいた。
 大いに遊べ、その時にはわからないが遊びからえられるものは多い。体と頭の両方を使う遊びが最適だ。そういうフィールドでは学習と遊びが一体になっている遊びで工夫することで智慧が育つ遊びと勉強と仕事は、あるところから融けて区別がなくなる
 皮肉なことだが、学校の授業では智慧が育たない。命の危険に対するアラーム感覚もだ。この二つ、智慧とここを超えたら命に危険が及ぶというアラーム感覚は、遊びでしか鍛えられないものなのかもしれない。

 1周21m、前輪が半径1.6mの円をトレースすると、後輪はそれよりも50-60cm内側に円を描く。おおよそ半径1mの円である。途中に水がたまるところがあるから、そこでタイヤを濡らすと、タイヤの跡がアスファルトにくっきり残る。前輪と後輪の描く円がはっきり二つに分かれるようになった。

 今日の平均時速は5.3km/hだから、分速88m、歩く速度だ。5分で440m、一周21mとすると、21週である。今日は60周走れた。5分間でも体の調整には充分である。毎日、体をほどほどに動かす程度の運動がいい。やりすぎは体を痛めるので、無理しないように心掛けている。


 この写真は、17日のものである。右側のほうからの上りラインから車輪の跡がはみ出ているものが多い。前輪と後輪のラインの境目がない。
 数分おきに回り方を逆にして遊んでいる。

SSCN1199-1.jpg


12/24撮影
前輪が外側の円、後輪が内側の円を描いている。青色のマーカが前輪と後輪の半径の差、きれいに円が分かれた。乗り方を変えるとこんなに違いが出る!

SSCN1230-3.jpg




      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

#3667 社会と数学と英語が教科書終了:最速の快挙 Dec. 22, 2017 [データに基づく教育論議]

 市街化地域のC中学校、なにやら大きく変化の兆しあり。3年生の話だが、先週、社会が教科書全部を終わった、そして今週数学が教科書全範囲を終了。理科もあと少しだという。英語は1~9章全部を終わったが、最後のところにある extensive reading 三本が終わっていない。最近、ここに手を付けずに終わらせる学校が増えた。高校入試には長文が多いのだから、ぜひ授業で消化してもらいたい。

 すごいことだ、故郷に戻って15年、はじめて12月に教科書全部を終わった学校がついに出現した、マネジメントの成果だ。学校は中小企業、中小企業の業績はオヤジ次第でどうにでもなるというのは民間企業の話だが、学校のマネジメントも例外ではない。校長先生、ありがとう。


  B中学校の生徒が、11月下旬に平成22年度の入試問題でわからないところがあると問題を持ってきた。裁量問題の大問6の問2の問題だった。問題文を読んだら、確率と三平方の定理と平面座標、三分野の複合問題だった。学校の授業は三平方の定理にまだ入っていなかったので、そこに入った後でやろうと告げた。この生徒には、問題を分解して、基礎から丁寧に教えないと、答えを覚えるだけになってしまう。

 根室高校普通科は裁量問題だから、この生徒のように複合問題を11月下旬方やっている生徒が少なからずいる。そうでなければ入試に間に合わないからだ。市街化地域の3校全部が、12月中に受験五科目の教科書を終えてもらいたい。1月からは三年分の復習と複合問題対策に充当してくれたら理想的だ。

 12月中に時期に教科書全範囲を終えた科目が複数出ただけでなく、理科も終了寸前まで進行している、C中学校の各教科担当の先生たちの快挙である。

 いい仕事をして、いまごろ達成感を味わっているのではないか。


      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る