So-net無料ブログ作成
検索選択

#3558 1学期期末テストに変化の兆しあり June 21, 2017 [データに基づく教育論議]

  前期中間テストのC中学校は先週金曜日、1学期期末テストのB中学校は木曜日と金曜日の2日間だった。

  答案が生徒に戻されたので点数と問題を確認したら、C中学校数学の難易度が少し上がっているように感じた。出題は教科書準拠問題集からだけでなさそうだ。最後の証明問題は正方形をくりぬいた面積と、くりぬいた部分の中心線でできる正方形の周囲の長さに関する証明問題だった。準拠問題集には穴埋め問題として載っていたが、穴埋めではなく証明全部を書かせる出題が望ましい、同じことを数学担当の先生も考えたようだ。成績「中の上」クラスの生徒は何度か書いて理解しておかなければできない問題。その前にあった「5.5^2-4.5^2」の問題も、「この種の問題は大概の先生が出すよ」と生徒に予告してあった問題の一つ。「和と差と積」の乗法公式応用問題。共通因数3.14を括りだす問題もあった。たしか、「76^2*3.14-24^2*3.14」という出題だった。どちらも「標準問題レベル」だが、定期テストは基礎問題がほとんどというのが実態だった。少し良い方向に変化の兆しが見える。百点をとった生徒の評価だと理科の問題も学力テストレベル。
  国語が記述式問題の解き方の実践的トレーニングを授業でやって来たので、出題された記述式問題が解けるようになった生徒が増えたようだ。6月から入塾した生徒が90点獲れたと喜んでいた。記述式問題が確実に解けるようになるのはうれしいものだ。国語の先生は出口の「論トレ方式」を教えているのだろう。本当に成果が出ているかどうかは九月の学力テストの平均点に現れる、楽しみだ。

  先週実施された定期テストの得点通知表が出たら、昨年の3年生のテストと平均点を比べることで難易度の変化が測定できるかもしれぬ。四月の学力テストの平均点も参考に分析してみたい。チャレンジしている先生たちも少なくない。


< 余談 >
 ① 通塾4年目の中3生が初めて五科目合計490点を超えた、三科目が満点だった。いままでの最高点は480点台だったから大きな達成感があっただろう。その一方で難易度の低いテストで493点をとっても、大学進学という観点からはさしたる意味はない。定期テストよりは難易度が上の学力テストで数英二科目同時満点がとれていない。北海道が実施している学力テストの難易度は、東京都のそれに比べて格段に低いのである。だから、この生徒に対する授業の照準は普段の定期テストや学力テストには合わせていない。それよりも難易度の高い問題へのチャレンジと基礎力アップ、1年前倒しで数学と英語をやりきることを目標として個別指導している。小手先の点数アップは一切排除してきた。
  そういう狙いで日本語テクストの音読指導も4年目に入った。先週、斎藤隆『語彙力こそが教養である』(角川新書 を読み終え、12冊目である福沢諭吉緒『福翁自伝』(岩波文庫)の音読トレーニングを昨日から始めた。漢文調の文体で、読めない漢字が多い。中学3年生にはかなり背伸びした読書である。医学部進学予定だが、国語も手を抜かず日本語読解の底力を養う。将来必要となるどのようなレベルの日本語テクストも、そして英語で書かれた専門書も読みこなせるだけの語彙力と読解力を養成したい。
  音読トレーニングは中学生全員に強制していたが、やる気のない生徒が数名でたので、2年前にやめた。やる気のある生徒だけ「補習音読トレーニング」をしている。体力の衰えもあって、やる気のない生徒へのおつきあいは負荷が大きすぎるのでやめにした。

②  6月初めから中3女生徒2人が入塾して、苦手の数学に懸命に取り組んでいたので、部活が休みの月曜日に補習体制を敷いた。集中力が大きいので「モノになる」と感じたからだ。一人は前回期末テストよりも50点アップ、もう一人は40点アップだった。よく頑張った、次の前期期末テストと学力テスト総合Aが楽しみだ。どちらのテストも九月に実施される。手を抜かずにこのまま突っ走ってほしい。勢いで90点ラインを越えてくれたらうれしい。

③  昨年12月に入塾した生徒は2年生だが、4月の学力テストで大幅にアップして学年2位、数学と英語は学年トップに躍り出たのだが、今回はかなり順位を落としそうだ。それでも入塾直前の2学期・期末テストよりも五科目合計点で83点アップしていた。数学と英語は点数が高いが、国語と社会と理科の三科目に課題が見つかった、長期戦で取り組む必要あり。
  数学は連立方程式の問題を2週間前からやっているが、まだ塾用問題集の計算問題が終わらない。やっている個所を確認しているが、前回に塾でやり終わったところから進んでいない、部活が忙しくて必要な勉強時間がとれていないからだ。念のために本人に口頭で確認をしたら推測通りだった。普段は6時半まで、土日もやるきつい部活は文科省の方針にも道教委の方針にも反しているが、根室市教委は何をしているのか?「過度な部活」は生徒たちから文武両道を貫く体力と時間を奪っている。この生徒は上手になりたくて部活が終わってから自主トレもやっている。この生徒の体力では「過度な部活」と勉強の両立は困難にみえる。
 本も読まなければ国語の点数は上がらない。語彙力や文章読解力は普段読んでいる本の質と量に比例する。このままでは本を読む習慣がつかないので今日(隔週水曜日)、日本語音読補習に呼んである。
  音読テクストは『語彙力こそが教養である』。音読させれば理解力が測定できる。適切に先読みして意味をつかんでいないと、よどみのない音読はできないもの。塾で音読トレーニングをしても、家で繰り返さないと効果は期待できない。もちろん、読めない漢字や意味の理解できない漢字は、国語辞典や漢和辞典を引かなければならない。自主的に取り組む領域のあることが大事である、それと塾でのトレーニングが車の両輪となって語彙力や読解力を押し上げる。

6/21追記:
< 音読トレーニングの実際 >

  中学生全員対象だった日本語テクスト音読(輪読)授業は2年前からやる気がある生徒に限定して実施していることはすでに書いた。中学2年生のある生徒に実施している音読授業の実際を書いておく。
  この生徒の場合は月に2度の補習授業で1対1で指導している。昨日の補習授業では『語彙力こそが教養である』P.43からP.58まで15ページ読むのに50分かかった。ヘトヘトになってしまったのでこれ以上は無理と判断して50分で中止した。全員を対象としなくなったので、一人一人の生徒に合わせて指導できる。スキルアップのための音読トレーニングは全神経を集中させる「格闘技」である。
 読めない漢字や意味が分からずに読んだ箇所、助詞の読み違えや余計な語を付け加えて読んだ箇所はすべて再読させる。おかしい読みはどこがおかしいか指摘し、読んで見せる。そして意味が伝わるようにすんなり読めるまで何回でも読ませる。そうしないとスキルがアップできないし、文例とともに語彙が身につかないからだ。だから、最初のうちは新書版15ページの音読トレーニングに50分もかかるが、スキルがアップしてくれば消化速度も上がる。声の出し方や抑揚のつけ方、舌の動かし方もうるさく指導している。流れるように読めるようになったらうれしい。生徒は一人一人抱えている課題が違うので、指導の仕方も生徒によってかなり違ったものになる。集団の輪読による指導から、個人指導に切り替えてから自分の指導の仕方が生徒によって異なっていることに気が付いた。よく考えたら、数学も英語も個別指導だから指導の仕方は生徒に寄ってニュアンスが異なる、自然なことだ。

  音読の速度が2倍になれば、文の理解度は4倍以上にアップする。読解速度と読解力アップは学力全般に影響する。標準速度の倍の速度で(半分の時間で)各教科の教科書や参考書を4倍の理解力で読めたら、学力が飛躍的にアップしないはずがない

  質よいテクストを選んで音読することで、文例ごと語彙を大量にインプットすれば、アウトプット技術(作文)もよくなる。貧弱な語彙では様々なニュアンスを書き分けたり、意味の明確な文を書くことはほとんど不可能であることは諒解いただけるのではないか。作文が苦手という生徒で本をよく読んでいるという例を知らないし、作文が好きな生徒に訊いてみると(いままでのところ)例外なく普段から本をよく読んでいる。読書が生活習慣の一部になっている。当人の意識では読書がエンターティンメント(娯楽)化しており、読まずにはいられないのだろう。
  語彙力や読解力が学力に与える影響を考えると、小中高のいずれかの時代に濫読期を通過すべきで、読書に耽溺する時期が1~2年あってよい。人の2倍の速度でそして4倍の理解力で教科書や参考書や専門書を読み切れるという学力の土台がその時に出来上がる


<付録:日本語音読トレーニング教材>
  中3のある生徒にいままで3年間で消化した音読教材をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 斉藤隆『声に出して読みたい日本語①』
     『声に出して読みたい日本語②』
 音読破シリーズ: 斉藤孝のこのシリーズはルビが振ってあります!ぜひ、お子さんに買ってあげてください。(小学館 本体800円です)
   『坊ちゃん』
   『走れメロス』
   『銀河鉄道の夜』
   『羅生門』
   『山月記』
   『五重塔』
 斉藤隆『読書力』(岩波新書)、
 藤原正彦『国家の品格

  
斉藤孝著『日本人は何を考えてきたのか―日本の思想1300年をみなおす』(2016年3月初版)
   斎藤隆著『語彙力こそが教養である』(2015年12月初版)
 以上、12冊がいままでに音読トレーニング教材として授業でとりあげた本です。

   福沢諭吉『福翁自伝』岩波文庫 (現在音読授業で読んでいる本)

   このほかに、家で読むようにと日本の古典を読む④万葉集(小学館)を預けてある。この生徒は学力テストの国語の点数がいつも90点前後である。塾では国語の授業はしていない。



      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村


新訂 福翁自伝 (岩波文庫)

新訂 福翁自伝 (岩波文庫)

  • 作者: 福沢 諭吉
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1978/10
  • メディア: 文庫
語彙力こそが教養である (角川新書)

語彙力こそが教養である (角川新書)

  • 作者: 齋藤 孝
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 新書

#3557 やっぱりやってしまった小池知事:豊洲移転問題 June 21, 2017 [時事評論]

  小池都知事が昨日、標記問題についての記者会見を行った。様々な委員会を立ち上げ、築地問題を何度も先延ばしするのみで「決断できない都知事」と揶揄されていたのが痛かったのだろうか?
  問題を簡単に整理すると、豊洲に移転して5年後に築地の再開発をして市場機能を戻すというのである。

  豊洲に移転して五年後に築地に戻る仲卸が何人るだろう?実務を考えれば簡単にわかることだ。このような稚拙な案に簡単に騙されるとしたら仲卸業者も情けない。資金面でも、収支の面でもさっぱり具体案が出てきていない、これから検討するのだという、泥縄。仕事の進め方としてはダメ管理職同然。

  こういう兆候はオリンピックのボート競技の場所選定でもあった。宮城県まで出かけて県知事に会場選定をにおわせ、首都圏に戸田競艇場を抱える埼玉県知事とは協議をせず、結局東京湾内での開催という元の案のまま森喜朗に押し切られた。完敗である。実務を考慮していないからこういうことが起きる。豊洲・築地問題でも同じだ。
  こういう方面にはからっきし能力がないのだから、しっかりしたブレーンを数人抱えればいいだけのことだが、それができなのは、自己主張が強すぎるからだろう。
  経営者の能力で一番大切なことは、適材適所で人を使うこと。自分でやることはすくなくていい、仕事を適切にマネジメントできればいい、都知事だって同じことだろう。


*「築地は守る、豊洲は生かす」
http://logmi.jp/213748
http://www.sankei.com/politics/news/170620/plt1706200029-n1.html



      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

#3556 windows 8.1の日本語機能の不具合解消 June 21,2017 [トピックス]

  日本語入力システムにときどき障害が生じていた。パソコンを立ちあげたときに「直接入力」状態になり、アルファベットしか入力できない。日本語変換システムが画面に表示されないので、どう対応してよいかわからない。グーグル検索をしているうちに直ることがある。どうやらコンセントを抜いてバッテリー駆動して終了してしまうとIMEがkillされてしまうという現象が起きるようだ。数日前にもそういう現象が起きたので、ネットで検索して調べてみたがうまくいかない。IMEに異常が生じているのは推測がつくので、最新のIMEドライバーに更新してみたら、IMEのアイコンが画面上に表示された。
  これでOK!



      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村
 

#3555 サドル位置調整:今週の走行距離133㎞ June 18, 2017 [サイクリング]

 サドルは傾き、前後、高さ、三箇所調整が可能である。セッティングを何度も変えて納得のいくポジションを探した。ロードバイクはサドルが一番前にセットされていたので、2㎝後ろに下げた。高さも1㎝ほどアップしたら、足に無理がなくなり楽に走れるように変わった。サドルが一番手前にセットしてあるとブレーキングの時に転倒が怖い。とっさにお尻を後ろにずらせないことがあるからだ。反射神経の衰えを考慮に入れて安全性のマージンを幾分大きくしておく。

 MTBもセットしなおして走ってみた。ストップしたときに座ったままでは足が地面につかないから、サドルから降りて、片足をつけば、自転車を傾けずに安定して降りることができる。座ったままで足を地面に着けようとすると大きく傾き転倒しかねない。サドルからお尻を外し、右足のペダルを最下部の位置にして左足を地面に着ける。車庫前で何度もやってみた。安全な乗り降りトレーニングをおろそかにしてはいけない。一輪車も最初のトレーニングは安全に乗って、片手でサドルをつかんで安全に降りること。
  その次の課題はブレーキングである。こちらがT字路で左折しようとすると対向車線の右折車が進路をふさぐことがあるが、そういう時は時速15kmであっても、フルブレーキで後輪が持ち上がりくるりと前転してしまう。左折のために端に寄っているから高さ20㎝ほどの縁石に大腿骨をしたたかに打ち付けたことがあった。無意識に柔道の受け身をしてしまうからだ。大腿部は痛かったが、受け身をしているから頭をぶつける心配はない。フルブレーキはサドルからお尻を後方へ移動させて後輪が持ち上がるのを防ぐ必要がある。お尻はタイヤすれすれ、胸はサドルすれすれという具合である。これは普段意識的にトレーニングしていないととっさに後輪へ体重移動ができないものだ。

 根室の6月の気温は16度のこともあるし、10度以下のこともある。それでも20㎞走ると汗が噴き出す。路面がガタついていれば、状態を起こし気味にして、手はハンドルに軽く載せるだけにして地面からの振動が伝わらないようにする。

< 霧によるブレーキシューの摩耗 >
 このごろ霧が出ていることが多いので、ブレーキシューの摩耗が多く、リムにシューの黒いカスが付着して汚れが目立つ。洗剤でやってみたが落ちないので、車用のクリーナーを使ってみたら簡単に落ちた。
  MTBはオイル・ディスクブレーキだから、仕組みが異なるのであまり気にしなくてよい。利きが悪くなったらパッドが摩耗した証拠だから、専門店でブレーキパッドを交換してもらえばよい。交換作業が面倒だ。

< 根室は一日中深い霧の中霧 >
 今日(6/18)は市街化地域の3小学校の運動会が開催された。朝から霧が出ていて気温が低い。朝8時の気温は8.1度、お年寄りが3人、丸めたマットをもって小学校のほうへ歩いて行った。気温は12時が10.0度で寒い運動会になった。
 わたしは中標津空港まで行ってきて3時ころに戻ったが、気温は9.3度、霧は朝と同じで深い、一日中霧というのは珍しい。根室っ子は寒くたって、霧が出てたって平気の平左だ。

< 空路での北方領土墓参は中止 >
 根室は霧だったが、海から遠い中標津は晴れていた。空路で北方領土墓参が予定されていたが、ロシア・アエロフロート機はプロペラは回らなかった。到着地の国後島が霧に包まれて、天候不良のため中止。


  今週の走行距離
 ロードバイク 123km 累計 2643km
 MTB      10km 累計 1244km
     合計    133km 累計 3887km
 



      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

#3554 定期試験範囲でみる授業の進捗状況 June 12, 2017 [データに基づく教育論議]

 根室市内の市街化地域の3中学校では今週定期試験が実施される。B中とC中3年生の数学試験範囲は教科書p.48までである。「2章平方根 第1節平方根」までということ。「第2節根号をふくむ式の計算」(p.49-57)は試験範囲に入っていない。
  試験範囲は「第1章多項式」と第2章第1節だけだから、多項式の展開と因数分解、素因数分解が試験範囲。

  中3の数学教科書は巻末問題や巻末課題編を除くと8-209ページである。1月末で教科書を終了するとしたら、正味202ページを8か月で消化しなければならない
  4月から1月末まで10か月あるがその間には夏休みと冬休み、そして修学旅行や学校際準備、体育祭準備で授業が2か月つぶれるから、8か月で消化しきる必要がある。

  202ページ÷8か月=25.25ページ/月...月平均実消化ページ

  月平均25ページというのが最低速度である。教科書は後半部分が「第4章 2次関数」「第5章 相似な図形」「第6章 円」「第7章 三平方の定理」「第8章 標本調査」と関数や図形の章が並んでいて、第1章や第2章に比べて難易度が格段に上がるから、後半は速度を落とさなければならないという事情がある。だが、根室の中学校では難易度の上がる後半部分に入るや時間数が足りなくなり速度を上げざるを得ない難しい章で速度が上がるのだから、成績下位層の生徒たちは這い上がることができない

 ではどれくらい成績下位層がいるのだろうか、成績下位層を60点満点の学力テストで20点以下と考えると、

  B中学校 34人/55人  61.8% (平均点18.3点)  
  C中学校 40人/59人  67.8% (平均点16点)

  10点以下は、
  B中学校 12人/55人  21.8%
  C中学校 23人/59人  39.0%

  成績上位層が枯渇化現象を起こし、成績下位層の肥大化がこの5年ほどでずいぶん進んだように感じている。51点以上は2校でたった一人である。41-50点の層は2校114人中わずか2人である。

  百点満点換算で33点以下が6割を超えている百点満点換算で17点以下は両校合計で3割存在しているこれらの生徒たちは後半部分をスピードアップされたらたまったものではない。ちんぷんかんぷんとなり、這い上がることができない
  成績上位層の一部が道内の他校へ進学し、大部分は統合された根室高校へ入学となる。「数学の戦場」で「落武者」となった生徒たちが大挙して統合後の根室高校へ実質無試験で入学する。根室市長選挙や根室市議会選挙と妙な相似形をなしているところが気になる。数日前の北海道新聞の報道によれば、9月の市議選挙で出馬を表明したのはまだ4名しかいないそうだ。競争のない状態が長く続くとあきらめと腐食がはじまるから、危機感を抱く市民が少なくない。なぜ、立候補者が少ないのだろう?

(根室高校生の学力低下は目を覆うばかり。根室高校普通科1年生は学力別にアルファ、ベータ、ガンマーの3段階に分けられ、今年からそれぞれ試験問題が違う。昨年までは試験問題がどのクラスも同じだった。7月の進研模試の数学(百点満点)の平均点が10点台に落ちるだろう。)

  では、計算上の単純平均ではどこまでが試験範囲であればいいのだろう比例計算すればいいだけ。

  25.25ページ/月 × 2.5か月 = 63ページ
  8ページ + 63ページ = 71ページ

  「第3章 2次方程式 第1章 2次方程式とその解き方」を授業でやっていなければならない。
  6月半ばで授業の遅れは

    72-48=24ページ

  こういうペースで1月末までやったらどういうことになるのか。これも簡単に推計できる。

    (48-8)ページ ÷ 2.5か月 = 16ページ/月 … 実際の速度
     16ページ/月 × 8.5か月 = 136ページ
      202ページ - 136ページ = 66ページ...積み残し

  現在の「巡航速度」を前提にすると、単純計算では、なんと66ページのやり残しが生ずることになる。そして巻末問題編も巻末課題編もスルーしてしまうことになりそうだ。

  こんな簡単な計算ができない数学の先生はいないだろう、比例計算だから小学6年生だってできる。では、なぜかくも授業の進捗が毎年毎年遅いのだろう?

< 権限があって仕事の責任がない不思議 >
  授業の進捗管理は現場の先生に任せっぱなしになっているのか?
  そんなことはないはずだ、学校管理職の教頭先生と校長先生がいる。現にB中学校は教頭先生が授業進捗管理に気配りしているようだ。それでもこういう状況だから、この速度とスケジュールが根室のスタンダードなのだろうか。わたしには理解できない。
  26年間民間企業で働いてきた経験から言うと、部下の仕事の進捗にこのような遅れが生じたら、早い段階で上司のチェックが入るのが当たり前。仕事の遅れは大きな問題に発展しかねない。それが適切にマネジメントできない管理職がいたとしたら、部下の仕事の失敗の責任を問われる。だから、部下に任せた仕事の責任は他人事ではないのである。ラインの管理職から外されることになるが、学校管理職が教科担当の先生の授業進捗管理の責任を問われて処分されたという話を聞いたことがない。権限があって責任がないというのが学校経営の実情に見える。改めるべきはこのあたりかもしれぬ。



< 余談: 教え方の問題もある >
  試験範囲が48ページまでの学校は1月末までに教科書を終わるためには、難易度の高い問題をやらずに後半部分を「スピード違反」の授業をしてつじつまを合わせることになる。そんなことをしているから、C中の昨年の3年生は最後の模試を除いて数学学力テストの平均点が16点で動かなかったこの点数は根室の市街化地域の2校と釧路市の14校中で最低であった今年も四月の学力テストで平均点が16点、同じ轍を踏んでいると思わざるを得ない
  もちろん進捗管理の稚拙さだけが生徒の平均的な学力を押し下げたのではないだろう。教え方の問題がある。一例を挙げる。多項式の展開公式のところで「2乗2倍2乗」という教え方はやめてもらいたい。(2x-3y)^2という問題の時に、多くの生徒がミスをすることになっているが、気が付いていないようだ。教科書18ページの例題に載っている。「2乗2倍2乗」と教えたらXとYに係数がついたとたんに生徒たちの半数以上が「拡張」ができない。
  二ケタの掛け算はできるが3ケタ同士の掛け算のできない中学生が少なくないが、計算方式の拡張ができないからだろう。生徒たちは真ん中の項を4xyとしたり6xyとする者が多く出てくる。「2乗2倍2乗」では生徒は何を2倍するのかがわからない。誤解が生じないように、わたしは「中身を掛けて2倍する」と教えている。学校でヘンな教え方をされると、それを直すのはとっても手間がかかる。1学期の範囲でいうと、素因数分解でも類似の問題がある。「サクランボ方式」というやつだ。基礎基本をスルーして特異な方式で教えると生徒たちが高校生になってから副作用を生む。高校数学まで考えて指導法を点検してもらいたい。

  こういうことは書きたくないのが本音、いくら故郷の未来のためでも気分がよくない。書かなければいいだろうという方がいるだろう、その通りだ。
  このごろサイクリングの話が増えている。

< 拡張性と計算の仕組みの共通性を意識した教え方 >
  ①(a+b)^2=(a+b)(a+b)=a^2+ab+ab+b^2=a^2+2ab+b^2
  ②(2x-3y)^2=(2x+3y)(2x+3y)=(2x)^2-2x3y+2x3y+(3y)^2=4x^2-2(2x3y)+9y^2
  ③(x+a)(x+b)=X^2+ax+bx+b^2=x^2+(a+b)x+ab

  ①②③は2番目の展開式を内項同士を小さな弧でそして外項同士を大きな弧で結んで見せてやれば、視覚的に同じルールであることが生徒に伝わる。
 だから①と②は「真ん中の項が中身を掛けて2倍」であると教えたらいい。公式を暗記することも大切だが計算の仕組みをちゃんと伝えることはもっと大切なのだ。男子の脳には「大小二つの弧」という視覚的な情報がスーッと頭に入りやすい。
  同じ原理で、③も真ん中の項が (a+b)x であることが容易に理解されよう。同じ仕組みだから、個別に暗記の必要がなくなる。①で符号が変わる場合 (a-b)^2 の場合には、真ん中の項の符号をマイナスに変えればいいだけだということもすぐに了解できる。
  高校数学を視野に入れ、社会人となった時に「どのような能力が要求されるのかまで考慮して、計算の仕組みを拡張性を意識して教えることが肝要なのだ。
 


      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

メッセージを送る