So-net無料ブログ作成
お知らせ ブログトップ
前の10件 | -

#1916 数日間ブログ更新お休みします(お知らせ) Apr. 22, 2010 [お知らせ]

 
  急用ができて数日間ブログを更新できません、弊ブログをごお読みいただいている皆様へお知らせ申し上げます。

                             m(_ _)m

ちょっと休止のお知らせ [お知らせ]

ちょっと休止のお知らせ
  
 都合により1週間ほどお休みします。    

 2009年2月20日 ebisu-blog#554
  総閲覧数:81,862 
/452 days(2月20日10時50分


#227 長文読解夏季特訓 July 17, 2008 [お知らせ]

     長文読解夏季特訓(お知らせ)

 京都で祇園祭が始まった。四条通りを山鉾が巡行する。ずいぶん高い山車だ。引っかかりそうな電線が見えないから、地下に埋設してあるのだろう。京都の塾生OBは学生最後のチャンス、祇園祭を見ただろうか?

 さて、ニムオロ塾を開設したときの最初の中学1年生が高校3年生となっているので、アフターサービスとして無料の夏季特訓を企画した。ジャパンタイムズの最近の記事を採り上げて、7日間の長文読解トレーニングを行う。受験生はもちろん、根室で就職を考えている人も、大学専門課程レベルの授業を楽しんでもらいたい。
  授業効果を高めるために、受講生には辞書を引いてくることを義務付ける。
 
 対象:高校生
 定員:15名
 実施日:7月30,31日、
      8月12,13,14,15,16日
 時間:午前10時30分~12時30分まで
 受講料:無料
  申し込み:電話またはメール(学年、氏名、電話番号)でどうぞ
      
 
採り上げる記事:
 (1) "Diminishing ice floes raise climate alarm"
  (2) "Nemuro faces fisheries-conservation dilenmma"
  (3) "Japan must engineer 'quantum leap' back to the future, Idei says"
  (4) "Nursing care in trouble"
  (5) "G-8 wrestles with shaky economy"
  (6) "Dollar saps Bush's G-8 clout"
  (7) "Take cover: U.S. recession going deep"
  (8) "Japan's last frontier took time to tame, cultivate image"(Hokkido History)
  (9) "A modest step foward" 
  (10) "Carbon ration card for Britain?"

  根室の沿岸漁業に関連のある記事、G-8サミット関連の記事、米国経済の先行きに関する記事、グロバリゼーションという新しい環境下で日本の技術革新が立ち遅れた事への反省をこめて元ソニー会長の出井氏が日本の競争力を強めるために大きな構想で動いていることを紹介した記事、高齢化社会の問題などなど多方面の記事を採り上げる。
 高校生のレベルを超えた内容の米国経済の現状と先行きに関する専門的な記事もある。この記事は内容が難しいので簡単な解説が必要だろう。
 英文記事の読解技術を学びながら、地球温暖化、原油や食糧の高騰について記事を書いているいろいろな人の意見に耳を傾けたうえで、自分の意見もつべし。

 《受験生へ》
 英語の偏差値を15上げる決め手は長文読解の速度と精度を上げることにある。そのためにレベルの高いテクストを使った読解トレーニング特訓が有効である。
 パラグラフとパラグラフ、文と文とのコンテキストを重視したロジカルな読み方(パラグラフ・リーディング)のトレーニングでもある。
 全国レベルで戦える力を養うために、最低1日7時間以上勉強し、高校最後の夏を無駄にしないように。なにしろ根室の夏は涼しくて全国で一番勉強に適している。
 短期間集中的に勉強すれば頭はよくなる。君らの脳はまだやわらかい。鍛えれば鍛えるほどよくなる。 

  2,008年7月17日   ebisu-blog#227 
  総閲覧数: 21,448/234 days (7月17日13時00分) 


ブログ更新頻度ダウン(お知らせ) [お知らせ]

  2,008年4月21日   ebisu-blog#174 
  総閲覧数: 11,125/146 days (4月21日0時00分) 

  ブログを始めて146日が過ぎた。そろそろ本業が忙しくなってきたので、ブログの更新頻度を落とすことにした。毎週月曜日、午前零時を目標にアップしたい

 次回のテーマは「小さな町のSARS対策」について可能な範囲で考えてみたいと思っている。SARSはそろそろパンデミック(爆発感染)の時期が近づいている。学校や塾生にもさまざまな影響が予測される。北海道新聞や日経新聞も鳥インフルエンザ問題をそれぞれ採り上げだした。市町村単位ではまだ具体的な対策を進めているところはなさそうだ。
                                            備えあれば憂いなし


吹雪のため休講(4月1日) [お知らせ]

  2,008年4月1日   ebisu-blog#154 
  総閲覧数: 9016/127 days (4月1日15時30分) 

 吹雪のため、本日(4月1日)休講します。なお、授業の振り替えは電話で連絡したとおりです。急ぎの質問があれば電話で答えますので、塾へかけてください。携帯へ転送されます。
 15時半現在、時折、強い風で家が揺れるほどの猛吹雪です。我が家の小さな庭に1m70㎝も吹きだまっています。根室でこんなに積もるのは珍しい。低気圧は発達して12時現在956hPa、近くには1024hPaの高気圧がある。熱帯低気圧ではないから台風ではないが、勢力や規模は台風に匹敵する。衛星画像を見たら南海上から水蒸気を吸い上げ、きれいに左巻きの渦ができている。今年一番の積雪量だ。
 京都や東京はこんなに風が強く吹いたら、桜吹雪が舞うだろう。本数の多い小金井公園の桜吹雪はみごとだったなあ。

入塾説明会(3月9日と23日) [お知らせ]

  2,008年3月8日   ebisu-blog#125
  総閲覧数: 6443/102 days (3月8日0時00分) 

 実在の塾のほうで入塾説明会を開く。名前はニムオロ塾ではない。今日(3月7日)の道新夕刊に折り込み広告が入っているのでそちらをみて欲しい。根室新聞も「旅立ち特集」の別紙に載せてある。

 

 日時:3月9日、23日(日曜日) 1時から2時まで

 教育相談も受けるので、生徒あるいは父兄、その両方でもかまいません、どうぞいらしてください。塾の方針や授業内容の説明をし、質問にお答えします。

 小学生は一クラス10名以内、中学生や高校生は一クラス15名が定員なので、多くはとれない。少人数で丁寧に教えたい。個別指導や複数グループに分けての指導は、これぐらいが限界である。20人いたら私の場合は教え方が雑になる。具体的な理由は「授業風景」のカテゴリーを読んでいただければ推察がつくと思う。具体的な理由についてはおいおい書いてゆくつもりである。
 今年は小学生の国語授業を追加する。これで小学生は算数と国語の授業がそろう。いままでは適当な教材が見つからなかったが、好いものがあったので、ようやく日本語の読解力アップ中心の授業がやれる。

 国語はもちろんのこと、社会も理科も論理的読解力が学力の基礎をなしている。ニムオロ塾の国語は論理的読解力アップを目標にした授業なので、説明会で内容を確認して欲しい。

 簿記の授業は日商3級と日商2級がレギュラー・コースだが、日商1級受験希望者がいるので個別指導を行う。専門学校レベルの授業となる。

 高校生対象の英語は、長文読解力アップのために"The Japan Times"を教材に使っている。入試では長文問題の比率が60%を超えている。長文でどれだけ得点できるかが合否の決め手である。英字新聞は大学入試に出題される「長文」よりはかなりレベルが上である。文法知識なしには書いた英語の理解が不可能なので、ケンブリッジ大学出版からでている370ページの中級レベル文法問題集を使って基礎的文法力を養う。この文法講座は英字新聞の読解授業=時事英語の補習授業として個別指導方式をとる。全ユニットを終了するのに、速い人で1年間かかる。何ヶ月でクリアできるかは本人次第である。ニムオロ塾の時事英語講座は社会人となってからも通用する英語力を目標にしている。

 私の経験から、企業が求める英語力とは「英会話」能力ではない。何らかの専門的な文書を大量に、ときに厳密に速く読みこなす能力とそれを日本語で誤りなく伝える能力のことである。産業用エレクトロニクスの輸入商社で管理部門での仕事の経験と、臨床検査会社で管理部門や開発部門での仕事の経験からの発言である。企業が求める英語力の具体的な内容はブログのあちこちですでに書いている。企業で買い物英会話に代表されるような専門的内容を伴わない英会話能力が役に立つことはほとんどない。企業社会はそれほど甘くはないのである。輸入商社なら取扱商品になっている分野の専門分野が理解できることが最低条件である。私が5年勤務した企業はマイクロ波計測器を中心とした製品群と理化学分析器を中心とした製品群があった。これらの分野の製品説明会はほとんどが英語のテキストを使い、英語で行われた。取引先50社から毎年送付されてくる「年次報告書」を読むのにも当然私語が必要である。臨床検査会社の開発部門では、検査試薬の開発を2品目担当しただけで、natureやscienceはもちろんのこと、まだ翻訳のされていない先端の医学書を読む必要があった。海外の会社の買収提案を処理するときにはベルトハイムシュローダー社の作った100ページを超える買収提案書を3日で読みこなし、抄訳をつけた稟議書を作成しなければならなかった。コンピュータシステム開発では、翻訳書がないためにたとえばAccounting Information Systemsなどの専門書を数冊原書で読まざるを得なかった。次々と開発されるOSに関する情報の概要をいち早くキャッチするために、これらに関する書籍もその都度原書で読んだ。30年前に科学技術計算用のプログラマブル・キャリュキュレータの説明書は300ページほどのマニュアル2冊がついていた。2週間で読んでその計算機を使いこなしていた。内容は統計学や数学を使ったプログラミングである。

 このように企業で使う英語力は背景になんらかの専門知識を要するものばかりである。専門的な内容を伴わない英語が要求されたことは一度もない。


3月2日日曜日 特別授業のお知らせ [お知らせ]

2,008年2月29日   ebisu-blog#112
総閲覧数: 5456/95 days (2月29日23時55分) 



 特別授業のお知らせ


 日時:3月2日12時~15時まで

 対象:中学生


高校入試が来週なので、日曜日ですが中3対象の補習授業をします。


1・2年生も期末試験があるので、質問のある人はどうぞ。高校入試に備えて内申点を上げておこう。

 

ソネットブログソフト改修のため25~27日アクセス不能(お知らせ) [お知らせ]

2,008年2月23日   ebisu-blog#102
総閲覧数: 4983/89 days (2月23日0時50分現在)

ソネットから下記のお知らせがきたので、ペーストしておきます。2月25日15時から27日10時まで、ブログへアクセスできなくなるとのこと。ブログソフトが一新されるようなので、乞うご期待。どのような機能が付加されるのかな?デザインは?

                                                       2007年2月21日
お客様各位

                                    ソネットエンタテインメント株式会社


       So-net blogリニューアルとシステムメンテナンスのお知らせ


平素はSo-net blogをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、So-net blogでは、サービスリニューアルに伴う、
43時間のシステムメンテナンスを予定しております。

長時間にわたるサービス停止となり、お客様にはご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

なお、詳細につきましては、下記WEBページでもご案内をいたしております。
ご確認いただけますよう、お願い申し上げます。

http://mailcenter.so-net.ne.jp/cl/55X/RHz/_Z/3FnAcW/


【日時】
 2008年2月25日(月) 15:00 ~2月27日(水) 10:00
 (43時間)

【影響範囲】
 So-net blogすべてのサービス
 ※記事の閲覧/投稿/管理などすべてがご利用いただけません。
 ※メンテナンス中は、メンテナンス画面が表示されます。

【メンテナンス内容】
・PC版So-net blogの大幅な機能拡充
 (高度アクセス解析、複数ブログ開設、タグ機能 ほか)
・携帯版So-net blogの大幅な機能拡充
 (管理機能の拡充、かんたんログイン機能 ほか)
・ブログトップページなどのデザイン全面リニューアル

 


簿記検定のための日曜特訓 [お知らせ]

2,008年2月11日   ebisu-blog#82
総閲覧数: 3823/76 days (2月11日0時00分現在)

 ニムオロ塾の簿記講座は専門学校よりもやや丁寧で学問としての奥行きが深いかもしれない。根室に専門学校がないことを憂えて、やりうる範囲でそれに変わるものを作ろうという志で、小規模ではあるが内容の濃い簿記講座開設を決めたのだから当然の結果である。授業の程度に関する判断は高校で学ぶ生徒諸君あるいは卒業して専門学校や大学商学部で学ぶ諸君がすればよい。

 たとえば二つ仕訳の可能性がある場合、どちらを選ぶか、そのときの判断基準は何かと問われた場合に、どのように答えるだろう。
 過去問題を自分の手でやってみて、現在の商工会議所の簿記問題に限らず、簿記理論はこの40年間ですこしレベルを下げたように感じる。経理実務にパッケージソフトが広く使われるようになったことも影響している。だが、本来の授業は、仕訳と会計取引の原理にまで考えが及ばないといけない。
 パッケージ会計ソフトが広範に使われるようになって、パッケージシステムの影響を受け、原理にまで思いをいたすことが少なくなったのだろうか。簿記学者はパッケージソフトの欠陥を指摘し、原理に忠実な標準ソフト開発を指導する立場にあるはずだが、現実はまったく逆転している。今回採り上げた115回の問題中にもそれが指摘できる。受験問題作成者は簿記学者の解説に忠実に問題を作っている。
 プログラムの欠陥による機能障害にまで無批判に追随してしまっている。現金売上をいったん売り掛け計上する処理がその典型である。コンピュータシステムへの無理解が簿記学者に蔓延しているようだ。原価計算のみならず、簿記もコンピュータシステムの専門知識がないと現実の姿が理解できない時代になった。勉強不足の簿記学者が多いということだろう。将来君たちが簿記の研究者になっても、そういう情けない学者にだけはなるな。前置きが長くなった。

 今日は日商簿記3級の過去問題をやった。一人だけなのでじっくり解説できた。第115回の問題である。
 仕訳問題は要求されている仕訳のひとつ前の段階の仕訳を書いてみれば事態がよく呑み込める。大半の仕訳問題がひとつ前の段階の仕訳が書ければ正解できる。取引の一連の流れの中で仕訳を考えるとよい。
 たとえば、出張時の仮払と、帰社してからの出張精算までを一連の取引として捉えておけば、概算払いでの出張仮払いと戻ってからの仮払精算の流れがよくわかる。具体的なイメージで一連の取引を捉えるトレーニングが有効だ。図にして書き、そこに仕訳を貼り付けてみる。イメージで憶えていくやり方がよい。
 第2問は手形帳が出題されていた。受取手形帳と支払手形帳の判別は支払人欄でやれ。念のために相手勘定でもチェックしろ。仕入や買掛金と記入してあれば支払手形記入帳だし、売掛金や売上と記入してあれば受取手形記入帳だ。裏書譲渡と満期日落ちは備考欄を見て確認する。それぞれに応じて仕訳すればよい。
 第4問の精算表は決算整理仕訳のスピードが要求される。保険料の前払い分は線分図を描いて確認すること。契約更新の場合は、年度初めに開始仕訳で前年度決算で前払い処理した分が振り返られているから、そこのところの処理さえ押さえておけば問題ない。減価償却費は固定資産の種類ごとに一つ一つ丁寧に計算して減価償却費を求めること。
 第3問が一番厄介だ。全部仕訳して集計しなければならない。スピードが要求される。しかしこの問題は得点のポイントがはっきりしているから、そこに焦点を当て、半分得点できれば充分である。
 問2の問題が不得意のようだから、もう一度全部通してやってみること。繰り返すうちに考えなくてもすらすら正解が出るようになる。まだ合格ラインまで距離がある。あと、2週間、頑張れ。苦しいときこそ全力を出し切れる人間になれ!


おにはそと~ ふくはうち~ [お知らせ]

2,008年2月4日   ebisu-blog#071
総閲覧数: 3135/69 days (2月4日0時00分現在)

 コープ札幌で恵方巻きを買って食べた。刺身やアナゴが入った恵方巻きはいまいちだった。可愛そうにアナゴが痩せていた。都立高校の平成19年度の英語問題だったか、手巻き寿司に関する話題が試験問題になっていたのを食べながら思い出していた。楽しい手巻き寿司パーティの様子が問題文となっていた。
 節分で仕事を忘れてリラックスしているときに試験問題を思い出す。因果な商売だなあ、そう実感しながら、恵方巻きを食べ、ややあって農薬の心配の要らない手作り餃子で温めた黒ビールを一杯いただく、のんびりした夜である。
受験生諸君も今夜はのんびりしているかい?酒は飲んでいないと思うけど・・・

 11時から2時まで日商簿記検定受験者の補習授業をやった。もう8回分くらい過去問題をやっているが、基本問題である仕訳問題の正解率が80%に達しない。60%どまりである。日商2級は壁が厚そうだ。
 その壁を崩すためには、仕訳問題だけを後2回くらい通してやる必要がある。慣れの問題だ。考えるのは1題くらいにしておかないと時間が足りなくなるので、ひたすら繰り返すトレーニングあるのみ。本気でやれば仕訳問題など3日もあれば80%の正解率は超えられる。超えて見せると強い意志を持続することが肝要だ。そして問4の工業簿記の問題は基本的理解を問うものが多いので、パーフェクトを狙って、繰り返し解き基礎固めをすること。

 3級を受けるM君は仕訳問題と精算表の決算処理事項、とくに前払費用、未払費用、前受収益、未収収益の処理になれることだ。
 「前払費用は資産勘定だから貸借対照表の借方へ」、「未払い費用は負債勘定だから貸し方へ」記入すること。「前受収益は負債勘定だから貸借対照表の貸し方へ」、「未収収益は資産勘定だから借方へ」記入すること。
 「」で囲んだところを何度も声に出して繰り返してみろ、音読は暗記に効果がある。処理に迷う項目は紙に書き出して何度も読み、慣れたら紙をみないで諳んじる。そして最後の段階は書いて確認してみる、書ければパーフェクトだ。
 為替手形問題は振出人と引受人(支払人)と受取人で仕訳パターンが違うので、黒板に書いて説明したようにそれぞれの役割と仕訳パターンを三角形の図にして、繰り返し書いてみること。学校の授業中に先生の雑談が始まったらノートの端にでも書いてみればいい。時間を置いて繰り返せば2日で正解できるようになる。

 3級も2級受験者も、繰り返しトレーニングすることで頭の中の知識を整理しつくせ、あとたった3週間だ、がんばり抜こう。

鬼は外 福は内 ブルブル
おにはそと~ ふくはうち~ 

 酒の話題のついでに、煙草を思い出した。相変わらずKo中学の生徒は毎日のごとく授業を抜け出して体育館横でタバコを吸っている。
 高校へ合格したときに、オヤジから「今日から家では酒を飲んでよし」と言われ、土曜日など学校から帰ってくると昼間からビール飲むことがあったから他人のことは言えないが、けじめは大事だ。酔っ払うほどは飲まなかったものだ。大人として認めるという意味で飲んでよしということだと理解した。酒は武士のたしなみ、静かに飲むか楽しく仲間と飲むかのどちらかだ。
 学校では吸うな、どうしても吸いたければ家で吸え。先生が君らが棄てた吸殻を拾っているのを知っているか?棄てた吸殻はせめて自分たちで掃除しろ。
 煙草をやめる事で自分の意志を鍛えるもよし、きちんと掃除するもよし、けじめのない大人にだけはなるなよ、なったら情けないぞ。
 授業サボリ過ぎて勉強がわからなくなっているなら、ニムオロ塾まで相談に来い。俺は君らの先輩だ、変わろうとする意志があるなら協力するぞ。日曜日なら時間をとれる。
 節分の鬼じゃあるまいに、今日一日だけは授業をサボって外にたむろするな。たまには我慢をしてみろ。


前の10件 | - お知らせ ブログトップ
メッセージを送る