So-net無料ブログ作成

#3722 朝方の地震:震源地は根室半島南東沖 Apr. 14, 2018 [東日本大震災&福島原発事故]

 夜明け前の4時3分、揺れ始まった。いきなりガツンと来る揺れ方から、震源地が近いと感じて、揺れが収まってからラジオをつけた。やはり根室半島南東沖が震源地で深さ50㎞。震源地の位置は北緯43.2度統計145.7度だから、花咲岬と落石岬を頂点とする正三角形の第三の頂点を海上にとればそのあたりが震源地だということ。M5.4だから、震度が4と大したことがなかった。どういうわけか、震源から遠いはずの中標津町が震度5弱だった。
*http://www.jma.go.jp/jp/quake/20180413190351392-14040010.html

 四百年に一度の根室沖地震が近づいている。根室半島はこの60年間で60㎝沈み込んでいるので、地殻に歪エネルギーがたまっている。この正三角形の地点を震源として巨大地震が起きたら、落石地区から歯舞までの海岸線の住民は逃げる間がない。すぐに20-30mの巨大津波が襲う。
 巨大津波は巨大地震が引き起こす。巨大地震は震源域が広いからおそらくは北米プレートと太平洋プレートの境界域、つまり200㎞ほど沖合で起きるのだろう。揺れが収まってからの数分間の行動が生死の分かれ目。
(東北大震災も北米プレートと太平洋プレートの境界域で起きている。根室沖巨大地震が起きるとすれば、東北大震災の震源地よりも300~500㎞東北よりが震源域となるだろう。)

 今朝のような小さい地震は自然からの警告である、つねに備えよと自然が警告している。借金をゼロにして、巨大津波の被害に備えるために復興資金を積み立てろと自然が警告している。自然の声に耳を貸さなければなるようになるだけ。そういう意味では自然は冷酷でもある。

<余談>
 ジャズが根室の文化遺産だと言い募り、年間700万円を超える補助金を民間の1喫茶店に交付するという(#3685へ「やはり某元〇事長と市〇部などのお歴々が出入りする喫茶店は違います」という投稿があった)。こんなことがOKなら、地域おこし協力隊制度とはヘンな制度だね。運用の仕方が、組閣でも獣医学部認可でもお友達をえこひいきしている安倍内閣あるいは首相官邸と同じではないか。市政も国政もそのレベルは似たようなものに見える。日本の政治はどこを切っても同じ絵柄があらわれる、まるで金太郎飴だ。
 大統領が変わるたびに前大統領の取り巻きと大統領自身が訴追される韓国を笑えない。
 もっと倫理的に高いレベルで仕事しようよ、根室市は立派だと根室っ子たちが胸を張って言い切れる根室になってもらいたい。
*#3685 事業継承への公的助成是か非か?:ジャズ喫茶サテンドール Feb. 1, 2018
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2018-02-01


 細かいことを言うが、現状の売上額、費用額の明細、利益額などの資料を応募者にオープンにせずに、募集をすること自体がばかげている。「二人以上」という応募条件があるが、なぜ二人以上なのかを書いてないと、誰だって判断ができない。現状夫婦二人でやっているから営業できるが、一人では手が回らないということだろう。夫婦二人でやっても若い人なら子供がいるか、できるだろうから、十年後あるいは20年後に進学したいと子どもが言い出した時に経済的にそれができるだけの売上や利益が期待できるのか?できる見込みがないのに募集しているなら詐欺にも等しい。
 二人で応募して補助金が切れたあとに、営業継続できるだけの売上が現状で確保できているかという情報も必要になるが、応募要項にそんな説明はない。じつに不誠実な仕事だ。
 お金を出してもジャズを聴きたいというファンが根室に何人いるか調べたらいい。その喫茶店の常連客数とイコールではないか?ほとんどが老人だから20年後にはゼロかもしれない。
 そんな状況なのに、どうして「根室の文化遺産」なのか、さっぱりわからない。たかだか40年くらいのものに「遺産」というのはミスマッチな語彙だし、わたしもジャズが好きで、新宿のピットインで1960年代終わりに何度か一流のプレイヤーたちの演奏を聴いたが、ジャズが根室の文化というのはまったく頷けない、ごく一部の愛好家がいるというだけのことだ。
 比較のために根室の文化遺産と言ってもよい例を挙げてみたい。金刀比羅神社のお祭りが根室の文化遺産というなら大方の市民の納得が得られるだろう。
  ジャズ喫茶の営業継続は根室市総合政策部がかかわるような仕事ではない、やるべき仕事は山積みだ。前回ブログで14項目を列挙した。根室の外にいる人々には、市役所総合政策部は自分たちがやらなければならない仕事をしないで、やってはいけないことをしているように見えているよ。

----------------------------------------------
 「小人閑居して不善をなす」『大学』より
 小人が独りでいると、人の見ていないことを幸いに、よくないことをしがちである。「閑居」は、原文では「間居」であり、独りでいる意。また、ここでの「小人」は、単につまらぬ人の意だけでなく、「君子」と対応して用いられていることから、一般の人民も含まれよう。
 訳文:小人が独りでいると、よくない行いをし、どんな悪いことでもしでかしてしまうが、君子と会うとその自分のよくない行いを覆い隠し、よい行いの部分を表に現わそうとする。
「小人間居して不善を為し、至らざる所無し。君子を見てしかる後に厭然としてその不善をおおいて、その善を著す」…三省堂『中国故事成語辞典』金岡照光編

 多かれ少なかれ人というのは不善を為すものだから、君子に出遭わずとしても生きているうちに為した不善と同じくらいの善行も積み上げておきたい。他人事(ひとごと)ではありません、自分の事(こと)ですよ。(笑)
----------------------------------------------

 独立では経営継続できっこないから、泥縄で、クラウドファンディングで支援するという。市が音頭を取って一喫茶店の経営継続に肩入れするのはとんでもない話だから、ほかの喫茶店経営者たちが怒っていい
 根室の町はこんなえこひいきがまかり通る町だと市役所のホームページで全国にマイナス宣伝しているようなもの、やっている人たちはどうやら気がついておらぬ
*根室市役所 - 【地域おこし協力隊(Jazzの街PR推進員)を募集 ...

 根室市にそんな余裕があるの?余分な資金があったら、借金返済に回すべきで、それが全部終わったら、今度は大災害に備えて年間予算額の2倍くらいを積み立てるべきだと思うが…
 防災地図をつくることも大事だが、肝心なのは具体的な被害の想定とともに、その被害を乗り越えるための蓄えと具体的な復興手順の策定と公表である。巨大地震に伴う大津波は必ず来る、5500年間で15回だったかな、地層に津波の痕跡が刻まれている。
 いまの根室市に四百年に一度の大災害への備えがあるか?

 「備えあれば患いなし」

#3723 ジャズの街PR推進委員募集について Apr. 15, 2018
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2018-04-15


 #3720 根室の人口減少『広報ねむろ4月号』より:14か条の課題 Apr. 12, 2018
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2018-04-11-1


 #1782 北海道大震災:根室・釧路沖 400年に一度の巨大地震の可能性あり Dec.25, 2011 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-12-24


     70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

せん

愛知県西部でも今日の朝から震度3、震度4の地震が続いています。

https://mainichi.jp/articles/20180414/k00/00e/040/298000c

三河西部、尾張東部は1945年の三河地震が70年以上経過しているのでいつ大きな地震が発生してもおかしくない状況だと思います。
by せん (2018-04-14 21:30) 

ebisu

せんさん

島根県でも2回起きているし、愛知県西部でも2回起きています。気象庁のデータを見ると4/8から4/14まで日本列島で60回も起きています。
*http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html

このデータを見ると、原発直下で起きていないことが実に幸運であると思えます。
日本列島は毎日震えて揺れています、これが常態。自然と共生を考えたら、原発はすぐには色にしたいし、すでにたまっている莫大な量の放射性廃棄物の処理も頭の痛い問題です。日本列島にはどこにも処分できる場所がありません。原発即時廃炉と同時に、廃棄物の管理とその恒久的な処理方法、そして技術開発を国家プロジェクトとしてやらなければならない。
いずれまた地震が起きて、原発事故が繰り返されます。直下型の地震が怖い。
by ebisu (2018-04-14 21:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る