So-net無料ブログ作成

#3715 春休みを利用した歯の治療 Apr. 4, 2018 [インプラント治療]

 2週間の休暇をとって東京へいった。今回は歯が2か所、治療の必要があった。自覚症状のあった歯が2か所だったのだが、点検してもらったらさらに2か所治療の必要のある歯が見つかった。
 スキルス胃癌で全摘しているので、食事の回数が日に6回、その間にヨーグルトやお菓子を数回食べるので、口内環境が普通の人よりも悪いから、歯のダメージが大きい。だから年に一度は歯科点検の必要がある。3月に69歳になって、年々歳々身体はポンコツと化していく。だましだまし、そして大事に使うようにしている。(笑)


(歯には番号がついているから、興味のある人は次のURLをクリックしてご覧いただきたい。

*https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=6fBn4Hv%2b&id=B73F220B40C49171B43419CC03DFE0752B0E6349&thid=OIP.6fBn4Hv-ngxU85yQkRJaUgHaOh&q=%e6%ad%af%e3%81%ae%e7%95%aa%e5%8f%b7&simid=608050256176220274&selectedIndex=0&ajaxhist=0
)

 右上8番が根元のほうが虫歯になっていたが、痛みはなかった。神経を抜く治療をしたが、きれいになるまで2週間はかかるが、そこを無理やってもらってとりあえず仮歯を入れ、秋にセラミックスに交換する。間に合わせ仕事で急場をしのいでくれて、半年あるいは1年後にフォローしてくれるのは、とってもありがたい。

 左上4番がぐらついているので診てもらった。芯がダメになっていたので、交換して仮歯を入れた。
 自覚症状がなかったのだが、右上7番が歯茎が腫れているという。化膿しているようなのでこれも治療した。左下2番も歯茎が腫れているという。ドクターが歯茎を強く押して「膿が見えますか?」というが見えない。タバコのフィルターを小さくしたような形状の脱脂綿で拭ったら、黄色い膿が真っ白い脱脂綿についているのがわかる。この歯の歯茎は歯槽膿漏気味になっているので治療が必要とのこと。放っておくと隣接している歯も危ないという。ここも神経治療をして仮歯を入れてもらった。この歯もおそらく秋にセラミックスに交換することになる。あまり力が加わる個所ではないので、樹脂製の仮歯でも1年間は大丈夫だと林先生。仮歯は品質が良くなっていて丈夫なのだ。治療途中の場合はかならず仮歯を作ってくれるので、林先生のところで治療すると食事のときに普通に噛めるのでありがたい。見てくれもいい。(笑)

 鏡で化膿しているところの歯茎の色が他よりも紫色になっていて、血液循環が悪いことを鏡で見せてくれながら説明してくれた。軽く圧迫して開放すると、毛細血管が収縮して次いで膨張するから血液循環がよくなるとのこと。それなら指圧すればいい。両手の親指を下の歯の歯茎に当てて、小指を耳の後ろへまわして固定し、5秒圧迫し、3秒開放する、これを20回くらい繰り返しているうちに親指が熱くなり、歯茎にも温かみが生まれる。気持ちがいいのでしばらくやることにした。今日もやった、しっかり習慣になった。

 3月19日の週は毎日1-2時間治療をしてもらった。ドクターは根室からだと知っているのでこちらのスケジュールに合わせて、遮二無二時間をとってくれる、ありがたい。
 
 ドイツ製のSIRONAというセラミックスの切り出し装置が導入されている。CEREC-MC1500という型番がついていた。レントゲンで歯の3次元撮影をして、機械にデータを取り込み、工業用の純度の高いセラミックスを削って造るから、翌日にはできている。価格も色によって1.5万円~5万円の範囲で、歯の色に合わせると3万円程度で済む。根室でセラミックス義歯を入れると8万円かかる。セレックだと一番安いものは1.5万円、色が純白である、きれいすぎる。
 材料が純度の高い工業用セラミックスなので丈夫なのだそうだ。セラミックスは硬いから割れやすいのだが、これは割れにくいとのこと。
 この機械が地方の中都市にまで普及しているから、歯科技工士の仕事はずいぶん減ってしまった、この数年間で半減だろう。これでは手造りのセラミックス義歯は価格競争ができない。
 数年前には5千万円の装置だが、急速に普及しているので、価格は数年後には1千万円に落ちるだろう。価格破壊はさらに進行して、セラミックス義歯は2万円以下で入れられるようになるだろう。3次元レントゲン画像を撮れば翌日にはできているというのも大きなメリットである。手作りだと急いでも1週間かかる。

 この歯科医院は3月26日から1週間移転のためにお休み、京王線の聖蹟桜ヶ丘駅前にあるのだが、さらに駅に近くなる。ドトールの隣のビルの2階だったかな、移転が終わって、4/2から診療再開している。

 林歯科医院:ドクターは2名、歯科衛生士は5-6名だったかな?
  東京都多摩市関戸2丁目40番27号
   
SAラッシュビル2F
   
TEL / FAX : 042-337-5454

http://www.hayashi-dent.net/

 林先生は札幌出身(北大歯学部)だが、ずいぶん前に根室の位置を話した時に、「根室って知床半島だったっけ」と先生の頭には根室半島がないご様子だった、知床が世界遺産で有名になって根室半島のほうは認知度が低いのかな、先生「社会は苦手でした」そう言って笑ってました。


      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

tsuguo-kodera

 良かったですね。でも残念でした。ぜひ、次回の治療の時は言ってください。赤坂で待ち合わせ、昼ご飯をご馳走します。私のバド仲間の末っ子の息子さんが赤坂で安価なフランス料理店を経営しています。
 バドミントンのサイトのお気に入りにリンクがあります。なお、次男は松戸で美味しいコーヒー店を経営しています。私はコーヒー音痴だから分かりませんが、サンドインチが美味しいので、評判を信じています。
 聖跡桜ケ丘は鈴木さんの住まいの方角です。彼の歯は強くないので彼にこの歯医者さんを教えます。ありがとうございます。
by tsuguo-kodera (2018-04-04 17:50) 

ebisu

koderaさん

2週間東京にいましたが、電車に乗ったのは根室へ戻るとき、羽田までだけ。体力がないので電車に乗るのは女房殿のつきそいがないと自信がありません。東京にいても高幡不動駅と聖蹟桜ヶ丘駅の周辺を歩き回るだけで、もうすこし体力が欲しい。体力をつけるために少し歩くようにしてみます。

赤坂で食事、とっても楽しそうですが、外で食べると下痢を起こすことが多いので、ほんの少しだけしか食べないようにしています。松戸のコーヒー店のサンドイッチ、いいですね、コーヒーの香りが漂う中でサンドイッチをつまむ、時間がゆったり流れそうです。

林歯科医院はホームページがあるので、URLを本欄に張り付けておきました。
by ebisu (2018-04-04 18:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る