So-net無料ブログ作成

#3604 市立根室病院の赤字額はなぜ17億円に膨らんだままなのか Sep. 3, 2017 [地域医療問題]

 荒川正憲氏が院長に就任したのが2007年、旭川医大の引き上げで常勤医が6名まで減少した時期であった。獅子奮迅の働きで根室の地域医療を支えてくれた。
 20010年1月1日、正月の突然の院長交代、東浦氏が院長に就任、現在に至る。病院は経営形態が変わり、2年前から指定管理者制度へ変更。

 赤字額が11億円を超えるようになったのは、2008年からである。2011年には13億円に膨らみ、2012年から17億円台に跳ね上がっている。赤字額の推移は弊ブログ記事#2296「地域医療対話(4)」に載っている。

*#2296 地域医療対話(4): 経営の問題点がよくわかる一覧表  May. 13, 2013
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-12-3

 2004年の臨床研修医制度の変更で大学病院は本院の医師不足をきたし、地方の病院から医師の引き上げをやった。2007年3月末での旭川医大の撤退はそういう背景のもとになされた。釧路医師会病院も2009年ころ旭川医大の医師引き上げで閉院を余儀なくされた。制度改正、つまり国策により地方の病院は深刻な常勤医不足を起こしたのである。
 もう一つ指摘しなければならないことがある。国立大学の独立行政法人化と、それに続く公立大学の独立行政法人化による影響である。独立採算となった大学医学部や医科大学は、収入を増やさなければならなくなった。ではどうしたのだろう?

 病院の建て替えをしてから決算書を見ていないので、仮定の話をしてみたい。
 常勤医一人を雇うのに人件費はおおよそ2500万円、その常勤医一人分を大学からの日単位での派遣医師で充当しようとすると、おおよそ8500万円かかる。大学は常勤医を派遣するよりも、日単位での派遣医で繰り回した方が収入が増える仕組みになっている。仮に常勤医10名分を市立根室病院が日単位での派遣医で賄おうとすると、8.5億円-2.5億円=6億円 コストアップする。
 (基礎データは弊ブログ#2287をご覧ください)

 独立行政法人化した大学医学部や医科大学にとっては、便利で手っ取り早い収入増である。単なる仮説にすぎぬが、論拠のある仮説であるから、市議会関係者は検証してみたらいい。

 冷静に数字を見ると、17億円の赤字の内8億円ほどは国からの補助金で補填されるから、根室市の持ち出しは残りの部分である。つまり、国から補填される8億円が根室市を経由して、医師派遣をしてくれている大学医学部や医科大学へ渡るという構図ができあがっている。
 独立行政法人化によって引き起こされたのだから、これも「国策」と言っていいだろう。こんなことなら、独立行政法人化などやらずに、今まで通り大学へ直接補助金を交付したほうがいいのではないか?

 年額で4億円赤字額を減らせたら、10年で40億円の財源が出てくる。年間赤字額が17億円のままで構わないなら何もせずともよい。だが、減らしたいなら、常勤医を増やすことが有効な対策になるのではないか?無理にやれば派遣元の大学とトラブルになりかねないから、そこは理解と納得ずくで穏やかに進めればよい。
 根室市役所のホームページや病院のホームページで、診療科名と医師数、給与条件を明示して全国募集するという手がある。
 30-40歳代の医師にとっては年収2500万円は魅力だろう。都会では勤務医の年収はそんなに高くはない。問題は子どもの教育だろうから具体的な解決法を考えたらいい。
 根室の子どもたちだって、毎年1~2人くらいは国立大学医学部へ進学できるような能力の生徒がいるが、育てそこなっているだけ。両方合わせて解決する方法を考えてあげたらいい。

 市議会議員選挙投票日は9月10日である。地域医療や地域の未来に関わる子どもたちの教育に関心をもって発言してきた市議は誰か、普段の活動をよく思い出して投票したいものだ。いままで関心がなかったなら、これからどう取り組んでくれるかを問いたい。真剣にやったら、片手間にはやれないよ。釧路市議会議員の月田さん(3月まで釧路市議会議長)や金安潤子議員、寺子屋で公務員アォード賞を受賞した大越議員の三人のお付き合いのある釧路市議会議員を見ていると市議の仕事は片手間になんかできっこないということがよくわかる。、
 現役引退が数名、新人が4名だったかな、ほとんどの市議がそのまま再任される。巷で言われているように18名の市議定数が大きすぎるのかも。ハードルが低くても若い人が出てこないのはどうしてだろう。
 選挙後に市議定数に関する議論が市議会でなされることを望む。
 妥当な数は?
 ①12名ぐらいはいかが?
   競争原理が働いて、市民の意見を拾わざるを得なくなる。
   ②無報酬=ボランティアで30名という案も検討に値するかも。土日に市議会を開くようにすれば、やれるだろう
   ③市議は満65歳になったら無報酬の名誉職、定員枠は20名。若い人が出やすくなる。

  

  #2287 「いまいる常勤医を大切にせよ」:市立根室病院の経営改善
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-07-2


#2290 地域医療対話(1)  May 10, 2013



#2291 地域医療対話(2)  May 11, 2013
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-10-1

#2295 地域医療対話(3):非常勤医が増える仕組み  May. 13, 2013






             70%         20%      
 
日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村
 
 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る