So-net無料ブログ作成

#3595 巡航速度はどれくらいか Aug. 24, 2017 [サイクリング]

  サイクリングにおける巡航速度とは、ときに周りを眺めながら余裕をもって安定して走ることのできる速度だろう。息の上がるような速度ではなく、1時間は保ち続けることのできる速度だとすると、わたしの場合は平地走行でどれくらいだろう。
  さっそく試してみた。コースは航空自衛隊前の550mの直線道路がよさそうである。午前10時の気温は20.3度、南南東の風5.1m/s、道路は南北に延びているから、南に向かって走るときは向かい風になる。
  ギアを外側から数える。フロントギアは2枚、外側を使う。リアは3枚目のギアを選択、負荷が小さくてスタート時の加速が楽。最近は平地走行時はこの三枚目を使っている。走りが軽快になった。
  南に向かって走る。ケイデンス(クランクの1分当たり回転数)が59で速度は27km/h、北に向かって折り返すときもケイデンス、速度の両方とも同じ値になった。風を感じなかったから、たまたま走った時に無風だったのだろう。濃い霧が出ていたから湿度100%。道路は北から南に向かって1mくらい下がっているはずだが、今日はどういうわけか緩い上り下りの差が感じられない、こんなことは初めて。
  昨日ケイデンス120で南へ向かって30秒走ると速度は37km/h、北へ向かって走ると向かい風でケイデンスが維持できず速度は20km/hに落ちた。5時ころだったから気象庁発表データでは南南西の風3.6m/s。南から北へ走った時ははっきりアゲインストだったから北風。気象庁のデータは場所が違うから参考にならないようだ。風は地形の影響が大きい。あのコースは太平洋側の海岸から1kmほどで40mの高台になっている。

  わたしの平地巡航速度はどうやら25-27km/h、ケイデンス60辺りにあるようだ。数日前にアップダウンのあるコースを32km走った時の平均速度は23.5kmだった。

<余談>
  定規をもっていって、昨日縁石にペダルを引かけた箇所の高さを測ってみた。高さ6cmである、金属製のペダルの角が変形するほど強くこすったから縁石の表面が白くなっている。


       70%       20%      
 
日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る