So-net無料ブログ作成
検索選択

#3593 通貨の未来 Aug. 23, 2017 [通貨の未来]

  今朝(8/23)、NHK朝のラジオ番組「社会の見方・わたしの意見」で経済アナリスト森永卓郎氏が標記についての意見を述べた。
  様々な仮想通貨が使われ始めている。とくに海外からの旅行者が便利がいいので仮想通貨を使い始め、そこと接点を持つ国内のお店やホテルが仮想通貨を受け入れ、急速に使える拠点が増えている。いずれ仮想通貨が主流になるだろうと森永氏は予想している。
  問題は現実の通貨である円との競合だ。通貨は強制通用力を持ち、その発行権は国家に属する。中央銀行が発行権を独占しているが、その体制が根幹から崩れるリスクがでてきたということ。森永氏によれば日銀には通貨発行益440兆円がたまっている。どういうことかというと、10000円札を発行するのにコストは10円、だから万札1枚発行すれば日銀に9990円の発行益が生ずる、これがたまりにたまって440兆円になっているということ。このお金は使えない。仮想通貨の発行益は誰が手にするのだろう?
  仮想通貨の最有力であるビットコインの通貨発行は誰がやっているのかまったく不明である。ネット通貨はコンピュータ上に存在するだけで、現実のものではない、だから「仮想通貨」と呼ぶ。ネット通貨を維持するために膨大な計算が必要で、それを担う者に新たな追加枠で通貨が割り当てられる、その分通貨の流通量が増えるのだ。通貨発行益に相当する利益がスーパーコンピュータを使って膨大な計算をした者が手にする。そこまでが森永氏の議論。

  極端なケースを設定したら問題の本質と事態の深刻さがわかる。
  仮想通貨に円が置き換わってしまったらどうなるのか?仮想通貨は暴騰し、円は紙くずになる。国民と企業がもっている現預金が無価値になるから、どこかで雪崩を打って円から仮想通貨への切り替えが起きる。時限爆弾のようなものだ。
  国家は通貨発行権を失い、金利の調節も不可能となる。国債発行による財政ファイナンスもできない。入ってくる収入の範囲で財政運営せざるをえなくなる。現在の税収を年間50兆円とすると、その範囲内でしか財政支出ができない。問答無用で公務員の給与支払い停止や半分カットというような事態が起きる。
  では民間企業はどうなるか?給与額を決められなくなるだろう。仮想通貨は需要が大きければ相場が上がる。たとえば、先月「1ビットコイン=1円」だったとしよう。これが今月「1ビットコイン=100円」になったら、50万円の月給は先月の50万ビットコインから5000ビットコインになる。円で誰も受け取らないとしたら、次の月の給料がいくらになるか誰にも分からない、そういう事態が起きるのである。社会は不安定さを増し、混迷の度合いが深まる。今日もっている預金が1億円(=1億ビットコイン)あったとしたら、1か月後には1億円が百万ビットコインになってしまう。次の月には10万ビットコインにしか交換できないような事態が現実に起きるのだ。仮想通貨の相場変動とはそいうこと。

  マルクス『資本論』では通貨は「貨幣 das Geld」という用語が与えられている。根源的な貨幣は金(金貨)であった、金本位制からの離脱で通貨は金の制約を離れたが、さらにそれが一段進み通貨のありようが根本から覆される。「貨幣」は金の制約を離れた「通貨」となったが、その通貨がモノとしての現物からまったく自由になって「仮想通貨」へと進化しつつある。クレジットカードはまだ既存の諸国家が発行する通貨制度が背景にあった。それが不要になる。

  現実の経済社会を見れば、すでに通貨の大半は「仮想通貨」となっており、コンピュータ上の勘定振替にすぎない。世界市場が「いつでもどこでも」制限なく使えるさまざまな「世界共通貨幣」を産み出しつつあると考えてもいい。「世界共通貨幣」はコンピュータ上のデータとして存在しているだけで、コンピュータの指数関数的な性能向上がこうした仮想通貨の存在を可能にした。次の30年の指数関数的な性能向上で「通貨」や現実の経済社会に何が起きるのか誰にもわからない。経験科学である経済学で未来を見ることはできない。

  円から仮想通貨へ雪崩を打って切り替えが起きるとすれば、何がきっかけになるのか?
  通貨円への国民の不信が契機になる可能性が見えてきている。アベノミクスと日銀の異次元の金融緩和(マイナス金利)、出口戦略のないこれらの政策、そして日銀の債務超過がきっかけにならなければいいのだが…

  なにがどうなるかシリーズで論じてみたくなった。


        70%       20%      
 
日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

中央銀行総裁

そもそもお金や銀行の矛盾知ってますか?
それ抜きに、それを認容して、どんな経済論を唱えても矛盾に矛盾を掛け算してるいうなもの。
近代は肉体的奴隷から経済的奴隷に変わっただけ。
直接目に見えないし、刷り込まれ、思考停止して生きているので気づかないだけ。
根本のお金と銀行の問題を解決しない限り奴隷制度から抜け出せません。
by 中央銀行総裁 (2017-08-23 15:48) 

ebisu

中央銀行総裁殿

どうぞあなたが知る「お金や銀行の矛盾」をお書きください。
お聞きします。
by ebisu (2017-08-23 16:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る