So-net無料ブログ作成
検索選択

#3582 秋刀魚初物、刺身で味わう Aug. 16, 2017 [根室の話題]

 女房殿が昨日、75円/尾の秋刀魚を買ってきた。今朝は焼いて食卓に上り、夜は刺身になって出てきた。アニサキスがいるかもしれないので三枚におろしてから冷凍して一晩寝かせて、俎板に載せて包丁で引く。
  福岡県「茅乃舎」の生七味を小皿に入れた醤油に溶かし、秋刀魚の刺身を浸す。箸でそっとつまんで口に入れると、活きの良い秋刀魚の味にからんで生七味の辛みが口内に広がる。ゆっくりかんだ後、呑みこむ。そこへ地酒「北の勝 大海」を冷でぐいーっといく。
  幸せだな、ふるさと根室のありがたさしみじみ味わう。

*茅乃舎生七味 : 久原本家通販サイト
https://www.k-shop.co.jp/kayanoya/seasoning/yakumi/562200/

  秋刀魚の旬の時期になると、主治医のクリニックへ突然の胃の痛みで駆け込む患者が増える。冷凍しないで生食してしまうからだ。たいていは大丈夫だが、たまに「大当たり」してしまう。内視鏡でみると一つだけでなく2か所も胃壁に食い込んでいる姿が見えることがあるようだ。ご用心。

<余談:音読補習授業>
  今日(水曜日)は休みだが、毎月2階日本語音読補習授業をしている。昔から「読み・書き・そろばん」というように、学力の基礎として読みが一番重要だからだ。学力の基礎がしっかりしていなければ、その上に積まれるものが小さくなってしまう。
  以前は中学生全員に日本語音読授業を課していたが、2年前から希望者のみに切り替えた。いまは希望者とやる気のある生徒だけに限定実施。今日使ったテクストは『語彙力こそが教養である』、これを25ページ読んだ。二人のはずだったが、一人は札幌から今日戻る予定で、間に合えば来ると言っていたが、間に合わなかった。だから、1対1の授業となった。1時間やったら疲れてろれつが回らなくなってきたので、読めなかった漢字の書き取りを30分やらせた。先読みが甘いと、漢字を間違えて読んだり、「てにをは」の読み違いが生じたり、平仮名が10文字以上連続する箇所でとまってしまたりする。疲れてくると先読みが甘くなり、さまざまなミスが多発し始める。音読トレーニングはなんだか格闘技に似ている。いや、真剣勝負かもしれない。
  正確に先読みできるようになれば、読む速度は2倍になり、理解力も2倍になるから、相乗効果で標準的な中学生の4倍読めるようにしようというのが目標だ。そうして盤石な学力の基礎ができあがる。観察していると日本語能力の高い生徒は高校生になってからさらに学力が伸びる。苦手科目がなくなるということを副次的な効果として挙げておきたい。
  中高生の時期は、興味のある分野で、難易度の高い本にチャレンジし、自分に磨きをかけたらいい。

  よろしければ、焼き秋刀魚の話もお読みください。
*#3581 初秋刀魚まずは焼いてをいただく Aug. 16, 2017
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2017-08-16


          70%       20%      
 
日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

tsuguo-kodera

 アニサキスは一晩冷凍すると死ぬのですか?知りませんでした。私はサケの刺身も食べたくありません。意地汚しだから1人前の握りに入っていたら食べますが。スルメイカも怖い。
 しばらく生ものは食べたくない季節のこの頃です。天候不順。昨日は最高気温25度、今日は30度。こんな日は危ない。昨晩は寒くて毛布を出して掛けました。今日は暑いです。
 暑ければ暑いまま、寒ければ寒いままなら生ものを頂きます。でも、私のような終戦直後生まれは赤痢疫痢は経験済み。ひまし油は毎年お世話になりました。飲むのは得意でした。命を助かったことは何度もありました。生の食べ物に注意しています。
 昔、東宝の叔父は40前に北海道でひしゃものボツリヌス菌で死ぬ目にあいました。何とか一命は取り止めましたが、舌が麻痺、呼吸も困難。イズシも怖いのでは。
 叔父は50で心臓まひで死にました。麻痺は神経に残っていたから。デパートに買い物に行くと言ってトイレに行ったまま、しばらく出てこないので奥さんが見に行ったらもう死んでいたそうです。
 食べ物は馬鹿にできません。ですから私は塩焼きが一番好きです。貝も怖い。カキの生など何時でも食べられません。ぴくぴくしているタイやフグの刺身、シラスの踊り食いなどなど食べられません。これは殺生だからです。悪だったから、蜘蛛の糸を期待しているのです。(笑)
 やはりお米と梅干のお茶漬けが一番。お米ジュースがあればなお最高。もっともカニ鍋も良いですね。花咲ガニは美味しかった。ウニは好きではありません。気持ち悪い。
 つまらない話を長々と書いてしまいすみませんでした。食べ物論議が大好き、お許しあれ。
by tsuguo-kodera (2017-08-17 19:07) 

ebisu

koderaさん

一晩冷凍すれば寄生中のアニサキスは死にます。鮭は昔から刺身にするときはルイベと決まっています。ルイベとは鮭を冷凍したものです。三枚におろして冷凍したものを切って食べます。
40年ほど前から秋刀魚の刺身が食られべるようになりました。冷凍庫の普及があったからでしょう。

生でもよく噛めば大丈夫です。寄生中ですからかみ砕けます。心配なら80回も噛めばアニサキスは大丈夫ですが、ボツリヌス菌はだめですね。

わたしも牡蠣は生では食べません。嫌いだからです。フライなら食べます、美味しいから。

輸入商社に勤務していた時に忘年会を銀座のS××館でやったことがあります。広島産の生ガキが出たのですが、わたしは嫌いだから食べませんでした。もう一人総務課に牡蠣の嫌いな女子社員がいました。翌日、出勤してきてからトイレに駆け込む社員が続出、生ガキを食べなかった二人だけ無事でした。

いらしたときに花咲ガニを食べたのですか。常盤町の海洋亭で食事に出たのかな?

さて、生ものは危ないと思ったら避ける、自己防衛本能を鍛えるにはいい季節です。(笑)
by ebisu (2017-08-17 23:00) 

tsuguo-kodera

 はい、たんと食べました。帰ってからも、店や生協のカタログに名前があると食べています。数回ですが。妻は手が不自由なので大変です。息子と同級生だった人は本当にきれいに食べます。人に好かれる秘訣かもしれません。私は雑な男です。文章も食事もです。
by tsuguo-kodera (2017-08-18 04:44) 

ebisu

koderaさん

根室の特産品、花咲ガニをお買い上げいただいてありがとうございます。
カニも秋刀魚も食べ方に性格が出ます。(笑)

わたしも実に雑な秋刀魚の食べ方をしていましたが、大人になってから意識してきれいに食べるように練習しました。

それでも釧路のZAPPERさんのようなわけにはいきません。FBに食べ終わった後の皿をアップしてましたが、見事に頭と骨だけが残っていました。あそこまでやったらあっぱれです。
郡山の会社に出向したときに、会津の人で、秋刀魚を頭からむしゃむしゃ、骨まで食べてしまう人がいました。皿には骨も残っていません。歯が丈夫な人でしたね。後にも先にも秋刀魚を骨も残さず丸ごと食べた人は彼だけ。世の中にはすごい人がいます。
by ebisu (2017-08-18 08:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る