So-net無料ブログ作成
検索選択

#3560 オホーツク海⇒納沙布岬⇒太平洋: 47km June 24, 2014 [サイクリング]

 朝は霧が深かったので、根室半島半周サイクリングは無理だとあきらめていた。車は80km/hで横を通り抜けるから、危険だ。車のほうから見たら、霧の中から突然自転車が現れる。
  10時を過ぎたら霧が晴れたので12時少し前に出発した。根室高校前を通って、牧の内を少し走り、自衛隊のサイトを通り過ぎて左折してオホーツク海へ向かう。この道はまっすぐで、緩い坂道で車がほとんど走ってないので路肩を走る必要がない。だから、いくら速度を出しても安全だ。時速45.5㎞で走り抜ける。
  12時17分 (11.7km) 風車発電機(2基とも回っていた)前で7分休憩し、バナナを半分食べた。
  12時46分トサブで6分休憩。ここは高校1年か2年の時にキャンプしに来たところだ。ジンギスカン2kgをリュックの中に入れ、納沙布から4km以上歩いた。うまかったな、みんなで食べたあの肉。帰りに温根元小学校へ寄って井戸水を飲ませてもらった。中学校の担任だった山本幸子先生が夫の栄進先生と赴任していたからだ。喜んでくれたお二人はもういないが、根室へ戻ってから何度か先生宅へお邪魔した時のことが懐かしい。
  13時7分 (25.3km) 納沙布岬到着。バナナの残りを食べた。白い展望塔があるが2階建ての建物の屋根がボロボロになっていた。取り壊しの資金がないのだろうか。観光名所に建物を建てるときは、取り壊しも考慮に入れておけということか。ebisuが高校を卒業して東京へ行った時には、あんな塔はなかった。安易な箱モノ建設は数十年後に負の遺産になる可能性が大きいことを肝に銘じたい。2045年には根室市の人口は現在よりもさらに1万人減少して1.8万人を割る。

  納沙布岬の北方館の2階フロアの設備が一新されていた。40インチのディスプレイが6枚貼り付けられて大型の画面で北方領土に関するビデオが流れていた。奥のほうには、根室半島からカムチャッカまですべての島が並べられた展示ブースがあった。全部の島に和名が表示されていたがこんなにたくさんあるのは知らなかった。

 13時25分 納沙布岬発
 14時32分 家に到着

   オホーツク海回り(根室半島線)納沙布岬まで 
      走行距離 25.3km  平均時速21.2km 最大瞬間速度 50.7km 走行時間 1時間11分26秒

   納沙布岬⇒太平洋回り 自宅まで
      走行距離 21.8km 平均時速 19.5km 最大瞬間速度 43.6km 走行時間『1時間7分5秒

  納沙布岬から戻るときにしばらくの間逆風できつかった。平地走行で速度が10km/hくらいまで落ちた。無理せず、ギヤを軽いほうにして走った。水分補給は走りながらやり、21.8kmノンストップで走り抜ける。友知の坂は1000mほどの長い下り坂で、そのあとは5kmほどの直線道路。アップダウンがないから、気持ちよく走れる。根室高校前の坂はちときつい。高低差が35mほどある。
  根室はサイクリングにとってもいい、根室最高!

  オヒョウを食べながらお酒(北の勝)を飲むとするか。いい一日だ。

 
      70%       20%      
 
日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る