So-net無料ブログ作成

#3494 卒業後のそれぞれの道  Jan. 22, 2017 [進路]

 中高とバレー部に一生懸命だった生徒が、先生になってバレー部を指導したいと大学へ進学した。英語の先生になるつもりで、「どうやって勉強したらいいの?」なんて、メールが来たこともあった。
 あるところで話をしていたら、その生徒NRの話が出た。昨年春に卒業してキャビンアテンダントになったという。
 5年くらいスッチーをやってから学校の先生になったら面白い。英語の先生が元CAだなんて楽しい話だ。男子高校生たちがきっと大喜びして、英語の勉強を一生懸命するだろう。
 学校の先生はいろんなタイプがいた方がいい。

 根室に戻ってきて塾を開いたのが2002年の12月だった。翌年中3の生徒だったK子が5ヶ月の男の赤ん坊を抱いていた。人見知りしない愛想のよい赤ん坊だった。4年前に高校を卒業してある地元の漁協に勤務しているNKも最近子どもができたという。根室へ戻って塾を開いて15年目、教えた中高生たちが次々に親になっていく、月日のたつのは速い。
 幸せな者ばかりではない、大学を卒業して数年間就職に苦労していた人もいた。運・不運もあるがそうじて若い者には辛い世の中になっている、耐え抜くタフネスさをもってもらいたい。

 高校同級生のコージが数年前に小売店を閉めてから北の勝「搾りたて」が手に入らなくなったが、数日前にある人から貴重な一本をいただいた。
 めでたいから、「搾りたて」を飲もう。


      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る