So-net無料ブログ作成
検索選択

#3305 オバマ氏広島訪問での演説の全文(英語) May 29, 2016 [Article Selection]

 27日の オバマ大統領の広島演説は、核なき世界の理念を謳った格調の高いものだった。歴史的名演説の一つに数えていい。オバマ大統領は演説の名手だ。
 ユーチューブを貼り付けたブログがあったので末尾にURLを載せた。オバマ大統領のこころの内を想像しながら音読トレーニングに励んでもらいたい。
 同じブログに原文対訳も載っている。

 ただで質のよいテクストと音声情報が日本のどこにいても手に入れられるようになった、いい時代だ。

*ソースは共同通信
========================

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination, it allows us to change.

And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves.

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps above all we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too is what makes our species unique.

We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the Hibakusha: the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

My own nation's story began with simple words: "All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness."

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

〔共同〕

========================

 次のURLにユーチューブの画面が載っているので、クリックして聞いたらよい。ここには原典対訳で段落ごとに翻訳もある。

http://shantipapa.hatenablog.com/entry/2016/05/28/%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%B3%B6%E6%BC%94%E8%AA%AC%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%EF%BC%88%E8%8B%B1%E6%96%87%E3%83%BB%E5%92%8C


      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 9

後志のおじさん

理念の崇高さを平易な英文で表している

「声に出して読みたい英語」ですね。


日本の英検準2級くらいの文法知識+語彙で充分理解できる英語です。


私なら、オバマ大統領のこの演説、
教材にしたいです。2008年の大統領選挙活動中の演説は、当時の冬の生徒たちのテキストに使いました。


英検2級程度の教師では解説できるレベルの英文ではありませんが力のある「先生」ならぜひ教材として研究してみてください。

易しい英文ですが、日本人の英語学習者には奥が深いですよ。(理屈をこねるだけの者には絶対にたどり着けない英語の世界が垣間見えます。)


ほんものの英語を読める、聞き取れる、そして話せるようにすることが「英語を教える」ということだと、あくまでも、私は思っておりますのでこうした英文を見逃す手はありません。英語なんて所詮は「言葉」なのですから。





by 後志のおじさん (2016-05-29 22:14) 

ebisu

後志のおじさん

オバマ大統領は自分の演説、言葉に酔いしれて涙をこらえているようでした。

この演説は教材としてはすばらしいものです。高校教科書に採録してもらいたい。

もちろんわたしも、高校生の授業教材にします。

1段落目の定冠詞
mankind possessed the means to destroy itself
2段落目の定冠詞
a terrible force unleashed in the not so distant past.

the not so distant past

使われている英語は簡単ですが、高校英語教科書でもこういう特別な名詞句は使われることがほとんどないでしょう。
定冠詞にだけ注目して読んでも学ぶべきことがたくさんあります。

3段落目も思いが伝わってきます。これだけ効果的な単純現在用法もなかなかない。
Their souls speak to us.

4段落目
It is not the fact of war that sets Hiroshima apart.

省略された部分を補って読まなければ文意を適切な日本語にはできません。

いいトレーニング材料です。
高校生はもとより、英語が得意な中学生もチャレンジしてもらいたい教材です。

ところで、紹介いただいた開成高校の過去問をみました。長文問題が道立高校の10倍ほどもありますね。あとで行数と1行あたりの平均ワード数を数えてみます。
50分間ですから、読む速度を要求しています。たくさん読んで読みなれていないと合格点が取れません。


by ebisu (2016-05-30 08:38) 

後志のおじさん

おや、なつかしい方がNice欄に。

コメントしてくださいませんか?
ほんものの英語を語れると思いますよ。



開成の長文ですが「10倍」はいくらなんでも無理ですよ。(笑)分速600の読みを要求していることになってしまいます。私のリスニング力でもギリギリの線です。

15年度では、問題文そのもので1600弱。他の問題やら設問やらで2200位と見ています。スピードは120を要求ですか。

ところどころ「落とすため」の細かな出題はありますが、冷静に対処すれば準2で50%くらい届く問題だと思いますけど。


速く、正確に!は、計算や日本語読みだけに求められる能力にではありません。英語も同じです。所詮は言葉なのですから。



NHKラジオ講座テキスト講師陣が時々垣間見せる本音。「理屈こねる暇あるなら、練習しろ!」
私も全くそのように思います。まだまだ諸先生方の足元にも及ばない未熟者ですが日々練習不足を痛感しています。




by 後志のおじさん (2016-05-30 22:52) 

ebisu

後志のおじさん

開成高等学校28年度入試問題は1807 wordsありました。
平成27年度の道立高校入試問題は442 wordsでした。

1807/442=4.09倍

開成の問題は9行だけwords数をカウントして行当たり平均words数を計算して、行数を乗じて求めました。

それにしても道立高校の入試の「長文問題」はボリウムが小さくなりました。
*http://matome.naver.jp/odai/2134101726741034301

ところでご指摘のように、Hirosukeさんから久しぶりにナイスを戴いています。
何かコメントがあったら、和気藹々と議論をしてください。どなたもコメント欄の大事なお客様です。

管理人からのお願いです。(笑)


by ebisu (2016-05-30 23:23) 

Hirosuke

♪ヒロシマのー川のほとりー ヒロシマのー・・・♪ 
http://hironaga-yuusuke.blog.so-net.ne.jp/2016-05-29
[YAMATO高校♪合唱部]

僕は、この演説を英語教材として扱う気持ちになれません。
単なる教材として語るには相当の時間が必要でしょう。
原爆症で亡くなった近親者がいるからです。
更には「そして誰もいなくなった」のです。
ebisu さんはYAMATO物語【第4章】を読んで御存知ですね。
YAMATO合唱部の仲間にさえ今まで言えてなかったのです。

一度は裏切られた思いだったオバマ大統領の英断に対するNice!です。
そう御理解ください。

by Hirosuke (2016-05-31 02:15) 

ebisu

Hirosukeさん

おはようございます。
おじいさんが戦艦大和に乗艦していた話は覚えています。
広島の話は、おじさん(お兄さんと呼んでいた?)の話に出てきたのでしょうか。
あの話はとてもショックだったので、印象の強かった部分だけが残って広島のことを覚えていません、すみません。

>僕は、この演説を英語教材として扱う気持ちになれません。

近親者に原爆症で亡くなった人がいるのでは、話が違いますね。

オバマ大統領の訪問を複雑な気持ちで受け止めている人たちがすくなくない。そして、オバマ大統領の広島訪問と原爆犠牲者追悼を受け容れて、心を癒した人々もいます。

コーサラ国のビドゥーダバ王が軍を率いて釈迦族のカピラ城を攻める途上で、お釈迦様が枯れたチークの木の根方で座禅をしておられるのを認めます。
王が「なぜここに座っておられるのですか?」と訊くと、お釈迦様は「木の根方(チークは釈迦族の象徴)は涼しいものだ」と応えます。

王は退きあげますが、カピラ城にいたときに馬鹿にされたことを繰り返し思い出します。王は釈迦族の下女が生んだ子で、階級制度が厳しい古代インドでは王子であっても、下女が産んだとなれば馬鹿にされたのです。釈迦族は王子がいた場所が穢れたといって、7尺も掘り起こして土を入れ替えました。
王子が王になり過日のことを思い出します。そして軍を率いて復讐にやってくるのです。
お釈迦様は三度、その枯れ木の下に座って軍隊を率いた王を止めましたが、四度目にはいませんでした。
そうして釈迦族は滅ぶのです。
「仏の顔も三度まで」

恨みの力はとてつもなく強いものです。いつか、それを晴らさずにはおかぬものです。
だから、恨んではいけない。
恨み続けたら日本がいつか米国を滅ぼすことになります。
米国は白人に連れて来られて奴隷にされ、差別を受け続けている黒人の子孫の恨みによって滅びるのかもしれません。

オバマ大統領が広島に来て、原爆犠牲者を追悼したことはよいことでした。恨みが癒えた人がいます。
広島と長崎、そして東京大空襲は軍ではなく、一般市民の大量虐殺だったのですから。ナチスのユダヤ人大量虐殺と同じ所業です。

恨みのない世界が訪れたらすばらしい。同じ(造物主)を唯一絶対神押しいただく、ユダヤ教とキリスト教とイスラム教があるかぎり、恨みの種はつきない。寛容性がないのですから、争いがやみません。
千年間続いているこの3宗教間の争いは、これからも戦争を繰り返し引き起こすことになるのでしょう。
排他的な一神教が人類を滅亡の危険に曝しています。
気になっていたので、余計なことを長々と書いてしまいました。
by ebisu (2016-05-31 08:44) 

Hirosuke

あの【第4章】には後日談があったのです。
でも、もう恨んではいません。
「ようやく、この日が来た。」と喜びが爆発しました。
「一部とは言え仲間に本当の事を言える」喜びです。

妻との新婚旅行さえ【真夏のヒロシマ】なのです。
別々とは言え2人とも高校の修学旅行で訪れていながら。

僕は大学馬術部で「飲む⇒歌う⇒暴れる」を繰り返していました。
あれは大学1年の5月末。
会って1か月も経たない女性にヤケクソで全てを晒しました。
それが妻です。
『碑(いしぶみ)』が僕と妻を結びつけたのです。
妻は書籍版『碑』や関連書を持っており驚く程に知識が豊富でした。

広島原爆館を「いつか長崎にも行きたいね。」と言いながら見て回りました。
どっちで【お嫁さん】が被爆したのか不明だったからです。
彼女は生まれや過去や親族さえ隠し続けて亡くなりましたから。
その結果「そして誰もいなくなった」のです。

僕が、このオバマ演説を扱う際には、こうした戦艦大和(父方)と東京大空襲・原爆(母方)に起因するHirosuke一族の悲劇の連鎖に呪縛された心を断ち切らねばなりません。

僕の英語授業は「生徒を笑わせながら」がモットーなので。

忘れる事はできません。
忘れてはいけないから。
命日さえ墓の場所さえ知らぬ人々を憶えてあげていなくては。
自分の親族に限らず、日本とアメリカ双方の被害者も同じく。

だから僕は歌うのです。
◆That's why I sing...◆
http://hironaga-yuusuke.blog.so-net.ne.jp/
5.21(土)に『千の風になって』を初めて人前で歌いました。

by Hirosuke (2016-05-31 10:53) 

ebisu

Hirosukeさん

そのガタイで

>僕は大学馬術部で「飲む⇒歌う⇒暴れる」を繰り返していました。

まわりはとっても迷惑しただろうと・・・(笑)

>忘れる事はできません。
>忘れてはいけないから。
>命日さえ墓の場所さえ知らぬ人々を憶えてあげていなくては。
>自分の親族に限らず、日本とアメリカ双方の被害者も同じく。

>だから僕は歌うのです。
>◆That's why I sing...◆
>◆That's why I sing...◆
http://hironaga-yuusuke.blog.so-net.ne.jp/
>5.21(土)に『千の風になって』を初めて人前で歌いました。

すばらしい!

by ebisu (2016-05-31 15:21) 

Hirosuke

That is why we come to Hiroshima, so that …
       ↑
オバマ大統領に真似されました。
       ↓
◆That's why I sing...◆

by Hirosuke (2016-05-31 16:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る