So-net無料ブログ作成
検索選択

#3144 男の進退:下村文科大臣 Sep. 25, 2015  [時事評論]

 今日、辞任する予定だった下村文部大臣が辞任を取りやめた。

 昨日、第三者委員会から報告書が提出され、面と向かって委員長から責任を問われ、「明日、責任を明らかにする」と言明した。
 ところが安倍総理へ辞任の意志を伝えに行って、「(国立競技場の不手際は)辞任に値しない、内閣改造まで続投してもらいたい」と言われて、あっさり辞任を撤回した。
 内閣改造で、「ついでに外される」のでは、責任を取った形にならぬ。こういうことはピシッと形をきめてこそ、担っていた仕事の責任の重さが伝わる。
 総理も総理だが、文部科学大臣も大臣だ。

 実質的な指示系統から見ると、頂点にいたのは、「有識者会議」の森元総理だろう。「3000億円でも4000億円でもかけるべきだ」と発言していた。日本には「院政」というのが、千年以上も前からある政治の一形式だ。院政に共通する特徴は責任を取らないこと。総理大臣を辞めたときに政界から引退すべきだった。
 森喜朗氏と下村文明氏は早稲田大学雄弁会の先輩と後輩である。雄弁会出身者には総理大臣だけで他に海部俊樹、竹下登、小渕敬三などがいる。

 出処進退は自分の意志で決めるもの。総理に慰留されたからといって辞任を取りやめたら男ではない。
 中高生や大学生諸君、大人になって地位を得ても、やめるべきときがきたら躊躇なくやめることのできる人間に自分を鍛えておいてもらいたい。


<余談>
 弊ブログ記事で一番アクセス数の多い記事は、選挙制度の矛盾と国会議員の出処進退に関するもの。累積29206の閲覧数がカウントされている。日本人は死に様が美しくなくてはならぬ、桜が散るがごとくに潔く。
 
*小選挙区と比例区重複立候補に見た生き様・死に様 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-09-04


      70%       20%       10%
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村根室情報 - 地域生活(街) 北海道ブログ村


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

ZAPPER

ここ最近では、伊吹さんが一番まともな文科大臣でした。
ダンスの必修化。
ヒップホップのルーツをご存知か?
それ、我が国の文化に馴染みますか?
英語教育の低年齢化よりも、まずは国語教育では?
下村さんにはご降板いただき、伊吹さんに再登場していただきたいものであります。
by ZAPPER (2015-09-25 22:36) 

ebisu

おはようございます。

伊吹文明文科大臣は1997年9月27日、外国語を学習するよりも、美しい日本語や素養、学力を習得するほうが大事だと主張しました、小学校の英語必修化は必要なしとはっきり。
めずらしい人だった。

どの文科大臣が承認したのか、ダンスが体育に取り入れられて、体育担当の先生が体育館にラジオ・CDを持ち込み、音楽をかけながらにわかにダンスの練習していました。
こんなことが教育改革なのかって感じました。思いっきりピントが外れています。
口では声高に改革を叫んでも中身がこれではね。こういう「愚かな教育改革」反対する健全な自民党議員はどこにいるのでしょう?

肝心要の成長戦略は成果なし、できそうもないので看板を架け替え、「新三本の矢」を叫び始めました。「殿、ご乱心」、暴走がはじまったようです。日銀総裁を呼びつけて話をする総理大臣、日銀の独立性なんてことを中学校の公民で学び損ねたのでしょう。そんなあんぽんたんなのに、周りがだれも意見しない、それも恐るべきことです。裸の王様を絵に描いたようなもの。
「新」ではなくて「信」に書き直してもらいたい。口ばっかり、言葉だけが上滑りして中身がない、子どもたちは、こんなつまらない大人にならぬように中学公民をしっかり勉強して育ってもらいたい。安倍総理が黒田日銀総裁を呼びつけたのをテレビで見て、基礎学力の重要性を改めて思い知りました。

自民党の議員の皆さんは保守主義の原点に戻って自分の頭で考え、行動してもらいたい。

わたしは健全な保守主義を応援したい。健全な保守主義を志向する人たちがよりどころとする新しい経済学を次の世代に残しておきたくて、マルクス『資本論』を根底からひっくり返した「21世紀の職人経済学」を書きました。

ひとりひとりが、いまやるべきことをやればいい。
by ebisu (2015-09-26 08:24) 

tsuguo-kodera

 その通りです。ご苦労様です。私は気楽にバドで子供と遊んであげて、道徳から創造性まで、シチズンシップ教育を、我が国なら日本国民のためにやれることをやれなくなるまで続けます。明日も子供と遊んできます。南無阿弥陀仏と心の中で唱えながら。(笑)
by tsuguo-kodera (2015-09-26 10:57) 

ebisu

坦々と歩くだけでよい年齢になりました。
あるのはいまだけ、歩けるところまで歩きます。
南無阿弥陀仏と心の中で唱えながら。




by ebisu (2015-09-26 15:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る