So-net無料ブログ作成

#3097 資本論と21世紀の経済学(改訂第2版) <目次>  Aug. 2, 2015  [資本論と21世紀の経済学(2版)]

 経済学に関するあらゆる先入見を棄て『資本論』や『経済学批判要綱』を読んで考え続けた。そして、古典派経済学と『資本論』の公理・公準を析出することになった。
 ユークリッド『原論』と同じように経済学にも公理・公準がある、ヒルベルトがユークリッド幾何学の公理から平行線公理を外すことで、非ユークリッド幾何学(=球面幾何学)を創りあげたように、マルクス『資本論』の第一公理である「労働=苦役」を「日本の職人仕事」に置き換えることで、西洋経済学とはまったく別の経済学を創りうることを示した。
 資本主義経済はいまだに成長を続けており、コンピュータとネットワークの進化の時代を迎えて質的な変容を遂げつつある。わたしはそれを第2次産業革命の時代と呼ぶ。おおよそあと百年足らずで、コンピュータの性能は現在の2億倍となり、超小型の人工知能が出現する。単純労働のみならず知的労働も、あらゆる産業現場に低コストの人工知能を搭載したさまざまなタイプのロボットが導入され、人間に取って代わる。
 人工知能は自己を再設計し、再プログラミングして無限の進化を始める。そういう世界には人間が存在する意味がない。人間が古く性能の劣った製品を棄てるように、いつか人工知能が性能が劣りコストのかかる人間を排除するようになる。そうした懸念を抱くのはわたしだけではない、理論物理学者であるホーキンス博士も人工知能の進化による人類の滅亡リスクに言及している。
 わたしは従来の『資本論』解釈とはまったく異なる理解を簡単に述べ、現在の資本主義経済の第一公理を日本的仕事観に置き換えることで、人類を救う21世紀の経済学を記述した。本物かどうかは、それぞれの読者の判断に委ねたい。20年くらいのうちに経済システムを根底から変えないと、人類は後戻りできない道へ踏み込むことになるだろう。
 これは、団塊世代の一人が子どもや孫たちのために書き残す21世紀の経済学である。


 『資本論と21世紀の経済学』 <目次>

       3097-0 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-02 

    序   2

       3097-1 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-02-2

Ⅰ. 学の体系としての経済学      6

1. <デカルト/科学の方法四つの規則とユークリッド『原論』> …6
2.<体系構成法の視点から見たユークリッド『原論』> …8
3.<マルクスが『資本論』で何をやりつつあったかを読み解く> …10
4.<資本論体系構成の特異性とプルードン「系列の弁証法」> …11
5. <労働観と仕事観:過去⇒現在⇒未来> …13
 
       3097-2 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-02-1

6.
<公理系書き換えによる21世紀の経済学の創造> …14 
 ○ 資本論の公理系の析出
 
 ○ 公理系書き換えによる新しい経済学の創出
7. <経済学体系構成原理は四つ> …19           
8. <『資本論』の章別編成> …20
9. <マルクス著作の出版年表> …21

       3097-3 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-02-3


Ⅱ.第1の公理を巡って:マルクスの労働観と日本人の仕事観 
 …23

10. <対極にあるもの:ヨーロッパの労働観⇔日本の仕事観> …24
11. <日本人の仕事観:仕事が楽しい!> …25
12. 民間企業では仕事の要領の悪い者ほど「忙しい」とぼやく> …32
13. <労働者ではなく「教育の職人」としての誇り> …33

       3097-4 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-03



. 経済学とは何か   35

14. <経済現象と日本> …35
15. <円安はいいことか?:80120/$の威力>  36
16. <経済学の定義> …40


       3097-5 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-03-1


Ⅳ.日本経済の現状と人類の未来(人口減少と高齢化を見据えて)45

17. <人口統計から見える未来>…45
18. <「経済成長の天井」:日本総研山田久調査部長の論> …48
19. <馬場宏二「過剰富裕化論」> …52


       3097-6 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-04


20.
<相対的貧困率上昇と金融資産1億円超の富裕層増大> …55
21. <『21世紀の資本』トマ・ピケティの空想的所得再分配論> …56
22. 2015年度政府予算案と公共性あるいは公益性について> …61 
23. <村落共同体と税:自由民と農奴について> …63


       3097-7 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-04-1


24.
<文部科学大臣下村博文「教育再生案」について> …67
25.<人工知能の開発が人類滅亡をもたらす:ホーキング博士> 69


       3097-8 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-05-1

26.
<利便性の追求の果に何があるのか> …70
27.<外国人持ち株比率3割の意味するもの(金子勝慶応大学教授)> …75


       3097-9 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-05



28. <安保法制と日本の軍需産業と成長路線は一体のもの:東野圭吾著『禁断の魔術から>…77

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
 
       3097-10 ↓
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-04-3



(注-1)「コンピュータとネットワークと機械の新産業革命:ロボット工場はすでに現実」…82

(注-2「生産性向上事例」)…83
(注-3「総合偏差値による経営分析システム:5つのディメンション(指標群)と27指標」…86
(注-4「財政破綻と公務員制度改革」)…87
(注-5「民間企業の生産性向上の実例」)…87 
(注-6「繰延税金資産について」)…88
=================================

 #969 日本人の矜持(2):経済学への示唆  Mar.23, 2010
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-03-23


  #2784 百年後のコンピュータの性能と人類への脅威  Aug. 22, 2014 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2014-08-22


 #3121 既成経済理論での経済政策論議の限界 Sep. 1, 2015 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-09-01-1

 #3148 日本の安全保障と経済学  Oct. 1, 2015 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-10-01

 #3162 絵空事の介護離職ゼロ:健全な保守主義はどこへ? Oct, 24, 2015 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-10-23

 #3213 グローバリズムを生物多様性の世界からながめる(Aさんの問い) Dec.28, 2015 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-12-28

  #3215 ライフワークに手を染めた2015年:『資本論』を超えて  Dec. 31, 2015
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2015-12-31

  #3216 諸悪莫作(しょあくまくさ)  Jan. 3, 2016

 #3217 日本の商道徳と原始仏教経典 Jan. 7, 2016 

 #3231 日本人の労働観の特異性と新しい経済学の創造 渡部昇一氏の論 Feb. 7, 2016 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-06



      70%       20%       10%
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村根室情報 - 地域生活(街) 北海道ブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る